高速バス 仙台について

高速バス 仙台 いわきについて


宮城県の仙台市から福島県のいわき市へ向かう高速バスは、最近では東日本大震災後に通行が制限されていた常磐自動車道の一部区間も通行できるようになったことなどにともない、

需要としては比較的活発な路線ということができます。

このいわき方面行きの路線はJRバス東北などが手がけており、予約をして乗車する形態となっています。

新常磐交通のような地方のバス会社も参入していますので、いわば共同運行のような形式で同じ路線を走っているのが特徴です。

いわき市には小名浜や好間工業団地などの産業や観光の拠点がいろいろとありますので、

基本的に高速バスは乗り場・降り場をこうした拠点に配置しているといえます。

往復の場合には料金の割引もあります。
仙台-富岡・広野・いわき 予約制→http://www.jrbustohoku.co.jp/express/detail/?PID=4&RID=21&BID=335

[kijinaka 112=””]

高速バス 仙台について

仙台を出発して全国各地に向かう高速バスの路線はさまざまです。

これは仙台が東北地方のなかでも第一に挙げられる人口の密集地であって、政令指定都市として経済や文化、

政治といった面でも中心的な位置付けになっていることが理由です。

広域の営業エリアを持つJRバス東北や地元の宮城交通などはこの分野では中心的な存在ですが、

ほかにも近隣の都道府県にあるバス会社が同様に高速バスを乗り入れているケースは多々みられます。

たとえば岩手県交通や茨城交通などですが、そのほかにも地域的な事情はあまり考慮されず、

安価な価格で長距離が移動できる夜行の高速バスを運行している会社であれば、

関西方面からの乗り入れをしているケースなども認められます。

高速バス 仙台 青森・秋田について

仙台市内から青森・秋田方面への高速バスは、いくつかの系統にわかれています。

たとえば青森とはいっても弘前バスターミナルに向かうものと八戸バスターミナルに向かうものでは途中からのルートが枝分かれしますので、まったくの別便となります。

八戸方面であれば南部バスや十和田観光電鉄がJR仙台駅前を発着する高速バスをそれぞれ運行しています。

弘前方面はJRバス東北をはじめとして、両方の地域の地元企業にあたる宮城交通と弘南バスがそれぞれ手がけます。

秋田方面も傾向的には同様で、JRバス東北や秋田中央交通、宮城交通が秋田駅行きの便を、

横手や湯沢を経由して大曲方面に行く高速バスの便をJRバス東北と羽後交通が運行しています。
青森-仙台【ブルーシティ号】(予約制)→http://www.miyakou.co.jp/cms/express/desc/7/
仙台-秋田(仙秋号)  予約制→http://www.jrbustohoku.co.jp/express/detail/?RID=10

高速バス 仙台 郡山・盛岡について

仙台から福島県の郡山方面に向かう高速バスは、それぞれの県では地元企業にあたる宮城交通や福島交通が手がけています。

これらは予約なども不要で自由に乗車できることもあって、特にサラリーマンの出張などでよく利用されています。

最終的には郡山で停車したあとにさらに先の須賀川まで向かいます。

仙台から反対の北側にあたる盛岡行きの高速バスに関しては、JRバス東北や宮城交通、東日本急行、岩手県交通および岩手県北バスといったさまざまな会社が参入しています。

こちらも予約が不要の自由乗車の形式になっていることから需要も多いといえます。

到着は盛岡駅の西側の降り場となっており、これら各社が共同運行をするスタイルで料金なども統一されています。

[kijinaka 112=””]