バイク名義変更について

バイク名義変更必要書類について

バイクの名義変更を行う場合には、自動車と同じように必要書類をそろえる必要があります。

ものによっては発行まで時間がかかるものがあるため、時間に余裕をもって準備しておくことが重要です。

バイクにも種類があり、原付に軽二輪そして小型二輪の三つに分類されています。

ここでいう原付は125cc以下であり軽二輪は126から250cc、小型二輪では251cc以上の排気量となっているので間違えないようにしなければいけません。

原付の場合は一度廃車処理をしてからでないと名義変更はできず、軽二輪や小型二輪は管轄の陸運局で手続きを行います。

このような違いがあるので、すべて一緒だと勘違いしないようにしておくことが必要になります。

[kijinaka 112=””]

バイクの名義変更に必要な書類それぞれで違いますが、共通しているものも多くあります。

共通しているものにはナンバープレートに印鑑、自賠責保険証に譲渡証明書です。

原付ではこれに加え標識交付証明書に廃車証明書や軽自動車税申告書並びに標識交付申請書、それに身分証明書と石ずりです。

軽二輪では軽自動車届出済証に住民票、軽自動車届出済証記入申請書と軽自動車税申告書になります。

小型二輪は委任状に車検証、軽自動車納税証明書に申告書そして手数料納付書に申請書を用意しなければなりません。

このようにバイクの種類によって必要となるものに大きな違いがあるので、所有しているバイクがどれに該当するのか把握して準備することが大切です。

●バイクの名義変更の必要書類を揃える(250cc以下)
軽自動車届出済証、自賠責保険証、認め印、

●バイクの名義変更の必要書類を揃える(251cc以上)
車検証、譲渡証、
バイク 名義変更についての必要書類→https://xn--eckwa1h235nkhf2mx7q3b.net/page002.html

バイク名義変更の仕方について

原付バイクの名義変更では一度廃車手続きを行わなければいけないので、その点にだけ注意しておく必要があります。

廃車手続きが済んだら渡された書類を新所有者に渡して、そちらで変更してもらうことになります。

新しい所有者は澄んでいる地域の市役所などで手続きを行い、有効期限のある自賠責保険がない場合にはコンビニなどで加入しなければいけません。

軽二輪の場合にはもっと簡単に済ませることができ、書類上の手続きだけで行うことができます。

その際には代理人を利用する場合でも委任状は必要ではなく、とても手軽に行うことができます。

しかし必要書類はしっかりと揃えておく必要があり、場所は新所有者の住所を管轄する陸運局で行うことを押さえておきましょう。

小型二輪バイクの名義変更を行う場合は、ナンバーを管轄する陸運局にて行う点に注意しましょう。

旧所有者の管轄する陸運局にナンバープレートを返しにいかないでもよく、新しい場所ですべて手続きを済ませることができます。

そのときに気をつけなければいけないことが、車検が切れているかどうかです。

車検が切れている場合には陸運局に持ち込む必要があり、検査料に1400円そして自賠責保険料や自動車重量税などが発生します。

名義変更でかかる費用には登録料は無料ですが用紙代に100円、ナンバーが変わる場合はナンバープレート代で600円ほどかかります。

このように費用も掛かってくるので、十分なお金も持っていくことも大事なことです。
バイク名義変更の仕方について→https://xn--eckwa1h235nkhf2mx7q3b.net/page045.html

[kijinaka 112=””]