高年齢雇用継続給付金計算式について

高年齢雇用継続給付金計算式について


高年齢雇用継続給付金は、61歳以降を継続して会社で働く場合の賃金が60歳に到達した時点での賃金に比べ75%未満になっている場合、その金額の15%まで補償される制度となっています。

基本的には60歳到達時点での賃金に対し現在の金額の比率を計算し、この比率が75%未満になっている場合に申請をすることでその減少率に応じた補償額が支給されることになっているのです。

ただしその計算方法には様々な条件があり、5年以上雇用保険の加入を行っていることや65歳までしか支給されないことや、

現在の賃金によって上支給されないこともあるのでその条件をしっかりと認識し、

自ら計算式に当てはめて事前に計算を行ってから申請を行うことが必要です。

[kijinaka 112=””]

高年齢雇用継続給付金の計算では、第一に60歳到達時の賃金に比べて現在の賃金がどの程度減っているのかを確認することが必要となります。

給付金の支給規定では75%未満となっていますが、60歳到達時点での賃金が非常に高い場合などは特殊な計算を必要とします。

また上限は15%となっていますが、この点についても支給されている賃金の金額によってその割合が減少されることもあるため、十分に注意をしなければなりません。

特に低下率が61%以下の場合には15%の支給となりますが、62%以上75%未満の場合には15%の支給額とはならず、これから一定の計算式に於いて減額されることになるので、この式に当てはめ確実に算出をすることが重要です。
高年齢雇用継続給付金計算式について→https://keisan.casio.jp/exec/system/1323308451

高年齢雇用継続給付金 早見表について

高年齢雇用継続給付金についてはその減額の割合と金額に関して概算を簡単に知ることができる早見表が用意されています。

この早見表は減額率に合わせてそれぞれの補償額が記載されているので、複雑な計算式を用いなくても自分がもらうことができる金額を簡単に知ることができます。

高年齢雇用継続給付金には様々な条件があり、たとえば60歳未満で一度退職しその後再就職をした場合などはその間が1年半以上空いていないことや、その間に雇用保険による支給を受けていないことなどが前提条件になります。

早見表にはこれらの条件は含まれていないので、これらの条件を考慮したうえで利用することが必要です。

早見表利用する場合にはあくまで自分のもらえる金額の目安として考えることが重要で、正確な数字は計算式を利用して計算をすることが必要となります。

高年齢雇用継続給付金について

高年齢雇用継続給付金は高齢者の雇用を促進する重要な制度として位置づけられています。

一般的に60歳で定年としている企業は多く、また再雇用をする場合でもその賃金については年金の兼ね合いもあり非常に低く設定されていることが多いのです。

しかし現代の様々な景気の状態や生活環境の中では高齢者が自分の収入だけで生活をしていくことが困難と考えられる面もあるため、雇用を継続する後押しを行う意味も含め高年齢雇用継続給付金は非常に重要な制度となっています。

ただしその給付においては様々な条件があり、これらの条件を満足した上で適正な環境で働いていることが必要となるため十分に注意をしなければなりません。

収入の金額によって補償される金額も変化するので適正な計算式などを利用し十分に確認をすることが必要です。
高年齢雇用継続給付金計算式について→https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000135090.html

[kijinaka 112=””]