スポンサードリンク

東海バス時刻表について

東海バス時刻表について

東海バスの時刻表は、公式Webサイトのおれんじガイドで確認することができます。

基本的な表示は日本語ですが、他にも英語や韓国語に、簡体や繁体といった各種の中国語にも切り替えられるようになっています。

バスの運行状況を始めとして、発着指定での検索や停留所の時刻表を確認することが可能です。

路線図の一覧も公開されていますから、営業路線の全体を見て東海バスの理解が深められます。

東海バスのおれんじガイドは、携帯電話でもアクセスが可能となっていて、スマートフォンやパソコンに限らず便利な利用が行なえます。

観光用の簡易時刻表も便利に使えるので、東海バスが提供する時刻表のサービスは、まさに痒いところに手が届く利便性が魅力的です。

 
スポンサードリンク
 

発着指定での検索機能は、乗車停留所や後者停留所が選べたり、時刻を決めて具体的な時刻表が調べられます。

沿線施設を指定して最寄り駅を探すことも可能なので、利用する停留場が決まっている場合はこちらも便利に使えるでしょう。

停留所を選択する際には、主要な一覧から選ぶことができたり、目印となるランドマークや五十音順も使えます。

路線図で指定を行う場合は各エリアを選択して絞り込み、ルートを辿って該当の停留所を選ぶ形です。

停留所の時刻表検索は、部分指定を含めた名前を入力して実行ボタンを押すだけです。

一方の観光バスは、路線ごとに時刻表が分けられているので、利用する路線を選択して簡単にチェックが行えます。

運休の予定や料金も分かりますから、知りたい情報が一度に把握できて便利です。

東海バス 運賃について

東海バスの運賃は通常だと1区間あたり150円程度で利用できます。

路線によって最低運賃の違いはありますが、殆どの場合はこの位の金額に収まります。

例えば元箱根港から山中に向かうとなると、13停留所の移動で運賃は580円です。

回数券だとよりお得で、11枚綴りなら10枚分の金額で購入できます。

35枚綴りなら5回分がお得になりますし、時間指定回数券や通学回数券なども、利用が多いほど適用される割引がアップします。

定期券は1ヶ月券を始めとして、3ヶ月分と6ヶ月タイプの中から選べます。

使用回数に制限がありませんから、積極的に活用するほどお得になるでしょう。

また東海バスには他にも割引運賃制度があって、小学生以下の小児だと半額に、未就学児の幼児だと大人1人あたり2人まで無料です。

各種の公的な手帳を持っている人も、記載に応じて割引の適用を受けることができます。

東海 バスについて

東海バスの路線では修善寺駅を筆頭に、駅口や温泉入り口など、駅名に修善寺と付く停留所がいくつもあります。

逆に島駅は三島駅が該当しますが、これらの間に直通の路線はない状況です。

前者は東海バス運行エリアの中央より北より、後者は箱根峠南に位置しているのが特徴で、直通の路線はない状態です。

ただ地域一帯に路線が充実していることから、間接的な行き来は不可能ではないので、そういったところが東海バスの強みでしょう。

北は箱根峠、南は石廊崎や下田港までカバーしているので、東海カバーが運行を行っている範囲は圧倒的です。

直通はなくても乗り継ぎで広範囲を行き来できるわけですから、同一品質のバス路線を提供している同社は、移動の足に有力な選択候補となります。
東海バス→http://www.tokaibus.jp/

 
スポンサードリンク