スポンサードリンク

丸ノ内線 時刻表について

丸ノ内線 時刻表について

東京メトロ丸ノ内線の時刻表は、同社の公式ホームページを利用するのが便利です。

画面中ほどの左側にある赤い丸にMと表記された丸ノ内線のアイコンを選択すると表示される簡易的な路線図の上部にある「丸ノ内線のページ」をクリックします。

つづいて画面右側にある「丸ノ内線時刻表」を選択してからプルダウンメニューで駅と方面を選択してから「時刻表を見る」をクリックします。

デフォルトでは平日のダイヤが表示されますが、「土・休日」のタブに切り替えることもできます。

それぞれの時刻をクリックすればその電車の各駅の出発時間と到着時間が表示され、駅名をクリックすれば各駅個別のページにジャンプしGoogle Mapと連携した周辺情報を知ることができます。

 
スポンサードリンク
 

東京メトロ丸ノ内線の時刻表ではシンプルで見やすいだけではなく、知りたい情報が集約されています。

時刻表の上部に表示されている地図には駅の情報が表示され、普段は「平常運転」と表示されますが、万が一事故や故障などにより遅延や運休が発生した場合にはこちらに表記されます。

右下の「情報更新」をクリックすれば更新され、現在の運行状況がリアルタイムに更新されます。

また、時刻表の左上にある「1本前へ」や右上にある「1本後へ」をクリックすれば、再び検索画面に戻ること無く同駅に発着する前後の電車の時刻を簡単に切り替えることができます。

時刻表のページには各駅の施設、店舗、バリアフリー設備などワンストップで調べられるのも便利です。
丸ノ内線 池袋方面 時刻表→https://www.tokyometro.jp/station/tokyo/timetable/marunouchi/a/index.html

丸ノ内線 東京駅について

東京メトロ丸ノ内線東京駅は毎日平均20万人以上の乗降客が訪れる東京メトロの中でも第10位の規模の駅です。

JR東海とJR東日本、都バスと東急バスも乗り入れており地域の住民や観光客にとって重要な足となっています。

構内には定番の売店をはじめ有名衣料品店、雑貨店、靴店、靴修理と合鍵に加えて証明写真を提供しているリペアーサービスショップなど専門店が充実しています。

バリアフリーにも配慮されており、地上から改札口、ホームまでの経路をエレベーターによる1ルート対応しているのも安心です。

2018年6月からは駅構内に個人専用のオフィス空間を配置するサテライトオフィスサービスの実証実験が開始され、専用サイトで予約を済ませれば7時から22時の間で現在は無料で利用できます。

丸ノ内線について

東京メトロ丸ノ内線は1953年から続く歴史ある路線で、多くの人々を運んで来ました。

1998年には全線で自動列車制御装置CS-ATCを完備し、安全性を高めながら最高速度を時速65kmから時速75kmに向上したのと併せてダイヤが大幅に改訂され移動時間の短縮に成功しました。

2010年には一部路線で運転士がボタンを押すだけでスタートや制動操作、定点停止が自動的に行われる自動列車運転装置ATCを導入し、新時代の幕開けとなりました。

2016年には訪日外国人客向けに難しい日本語の駅名を英数字による表記で分かりやすく認識するための駅ナンバリングを実施しました。

東京メトロ丸ノ内線は常に最先端の技術で日本国内の運輸をリードし続けています。

 
スポンサードリンク