スポンサードリンク

関西国際空港について

関西国際空港 国際線について

関西国際空港には海外の国々との往来を可能にする国際線が運行されています。

アジアの国々はもちろんのこと、ヨーロッパ諸国への便も多数ありますので、海外旅行や留学を検討中の場合には、うってつけと言えるでしょう。

近畿地方には他にも多数の空港がありますが、この関西国際空港は国際線の基幹空港として機能しており、海外への旅を考えると希少な存在です。

国際線のある空港自体が日本全国を見ても限られてくるので、近畿地方で海外へのフライトを考えると、関西国際空港の一択と言うケースは珍しくないと考えられます。

発着している航空会社は日本航空の他、各国の主要航空会社のものが多くなっており、近年は格安で人気のLCCも利用可能です。

 
スポンサードリンク
 

関西国際空港は大阪湾に設けられた人工島に建設されており、日本有数の拠点空港として人気を誇っています。

近くにある大阪国際空港や神戸空港とは運営会社が同じです。

拠点空港として存在感を発揮していることもありますし、物流の要と言う側面もあり、交通アクセスは極めて利便性が高いものとなっています。

路線ネットワークはしっかりと整備されているので、電車を使うとスムーズかつ低料金で訪れることが可能。

リムジンバスも用意されており、こちらも選択肢となっています。

自動車でのアクセスも判りやすいように路面が整備されており、迷わずに到着しやすいはずです。

駐車場も大きいですし最大で20日間まで予約注射することが可能となっています。

関西国際空港 国内線について

国内線も充実している関西国際空港では、日本国内の様々な都市に足を運ぶことも可能となっています。

第1ターミナルビルからは東京の他に北海道や沖縄へ向けた便が運行されており、航空会社も選ぶことが可能です。

第2ターミナルビルではLCCを利用することが可能で、こちらは日本各地の主要都市や観光名所へのアクセスが出来るようになっています。

第1ターミナルビルと第2ターミナルビルでは、飛行機への搭乗に少し異なる点があるので気をつけましょう。

チェックインとセキュリティーチェックまではどちらも必要ですが、最後に飛行機に乗るところでは、前者ではバスか直接なのに対し、後者の方からは徒歩で機体まで移動することとなっています。

関西国際空港 第2ターミナルについて

関西国際空港の第2ターミナルは格安航空会社専用に設けたれた、国内では初となっている施設です。

リーズナブルなフライトを考える場合には、こちらを利用することになるでしょう。

第2ターミナルビルへのアクセスは、エアロプラザより無料のバスが終日運行しているのに加えて、KIXそらぱーくを利用することもできます。

このターミナルビルはリムジンバスも利用可能です。

かつては路線の一部だけ運行していましたが、後に全部の路線に乗り入れるようになりました。

今後は複数の格安航空会社が発着する予定となっており、さらにフライトの選択肢は増えてくると考えられます。

またビジネスジェット専用の施設も登場していて、その機能は今でも拡張されつつあると言えるはずです。
関西国際空港 第2ターミナル→https://www.kansai-airport.or.jp/map/t2

 
スポンサードリンク