伊豆急行 時刻表について

伊豆急行 時刻表について

伊豆急行線の時刻表は伊豆急行の公式ホームページのなかに掲載されていますので、インターネットがあれば誰でも自由に閲覧可能です。

トップページのメニューをクリックすれば掲載ページにすぐに行き着くことができます。

この時刻表は伊豆急下田駅から伊東駅・熱海駅・東京駅方面への上り、反対の東京駅方面から伊豆急下田駅方面への下りに分かれています。

そのほかにも平日運転と臨時運転のものが掲載されていますので、目的にあわせて閲覧します。

インターネットが使えない環境にある場合には、電話で発着時刻を問い合わせることも可能です。

電話番号は代表番号のほかにも、鉄道関係に特化したものがありますので、通常はこちらの鉄道関係のほうに電話します。

[kijinaka 112=””]

伊豆急行線には普通列車のほかにも特急列車が乗り入れています。

スーパービュー踊り子や踊り子といった名前は全国的にも有名です。

これらの特急列車は伊豆急行線本来の伊東駅からではなく、東京駅から出発して、途中で伊東駅にも停車し、さらに伊豆急下田駅まで行くことができるようになっています。

一部の踊り子については、熱海駅から列車編成が変わって伊豆箱根鉄道を通って修善寺駅まで向かいます。

これらの特急列車の時刻表ですが、伊豆急行の公式ホームページのほうではなく、JR東日本の公式ホームページのほうから検索して閲覧することが可能です。

JRの公式ホームページでは駅名を直接入力することも、また路線図から選択することもできるようになっています。

伊豆急行 路線図について

伊豆急行線の路線図が知りたい場合にも公式ホームページを活用することができます。

トップページから路線図・駅ガイドとあるタブをクリックすれば該当のページが出現します。

図中には駅名が書かれていますが、それぞれの駅名をクリックすれば、その駅の詳細なガイドの画面に切り替わります。

たとえば駅の電話番号、窓口の営業時間、バリアフリー構造、周辺地図や観光スポット、コインロッカーなどの設備の有無などがわかるようになっています。

終点となる伊豆急下田駅からは南に向かえば石廊崎や弓ヶ浜、下賀茂温泉へ、西に向かえば大沢温泉や堂ヶ島といった観光スポットにもアクセスできます。

この区間は鉄道ではありませんので、別にバスの案内地図も掲載されています。

伊豆急行について

伊豆急行は企業としては大手私鉄の東急グループの系列にあたる会社です。

持株会社制度を導入しているため、伊豆急ホールディングスの100パーセント子会社にあたる事業会社の位置付けとなります。

鉄道としての伊豆急行ですが、静岡県伊東市にある伊東駅から、同じく静岡県下田市にある伊豆急下田駅との間を結んでいます。

この区間の距離は45キロメートルあまりにわたっており、全線が開通したのは1961年のことになります。

料金は基本的に乗車した距離に応じて決まりますので、たとえば伊東駅から1駅だけの南伊東駅までであれば170円ですが、終点の伊豆急下田駅まで乗車すれば1620円となります。

ただし交通系ICカードで乗車の場合は端数処理で安くなることがあります。
伊豆急行 時刻表について→http://www.izukyu.co.jp/guide/guide1.html

[kijinaka 112=””]