スポンサードリンク

北陸本線 時刻表について

北陸本線 時刻表について

北陸本線は西日本旅客鉄道(JR西日本)に属する路線で、米原駅と金沢駅の間を結んでいます。

その路線には特急や快速、普通電車など様々な形態の電車が走っており、それらの電車は地域の人たちを中心として、多くの人たちの交通手段として利用されています。

また、この北陸本線は北陸本線その種類の多さという魅力によって、多くの鉄道ファンの心を惹きつけて止みません。

特に、旧国鉄時代から使用されているレトロな車両を見たいという鉄道ファンは大勢います。

そんな北陸本線を利用したいと思う場合には、時刻表を確認してからにするのが良いでしょう。

インターネット上にはこの北陸本線の時刻表を掲載したサイトがいくつも開設されているので、検索すれば自分が見やすいと思う時刻表が見つけられるはずです。

 
スポンサードリンク
 

北陸本線では何種類もの特急が運行されているのですが、その中でも特によく名前が知られているのはサンダーバードでしょう。

このサンダーバードは大阪駅と金沢駅・和倉温泉駅の間を運航しています。

その前身となったのは雷鳥という名前の特急で、それには485系が使用されていました。

1995年に、その雷鳥の一部に681系という新型車両が導入される際に、その新型にはスーパー雷鳥(サンダーバード)という名前が付けられました。

その2年後の1997年のダイヤ改正の織に、サンダーバードという名前に変更されて現在へと至ります。

その後も改良が続き、ゆったりとした列車の旅が出来ると高い人気を得ています。

そんなサンダーバードに乗りたいと思った時も、ネットなどで北陸本線の時刻表を見てから、どの時間に乗るかを決めるのがおすすめです。

北陸本線時刻表について

北陸本線では人気の高いサンダーバード以外にも、いくつかの特急が運行されています。

例えば名古屋駅・米原駅と金沢駅の間を結ぶしらさぎは、1964年の10月に運航が開始されたという、とても長い歴史を持っている特急なので、多くの鉄道ファンの間で長く愛され続けています。

そのしらさぎとは逆に、ダイナスターは2015年の3月に運航が始まったという、新しい特急として人気があります。

そのダイナスターは福井駅と金沢駅の間を結び、金沢駅で北陸新幹線と接続しています。

それら以外にも、福井発金沢行きのおはようエクスプレスと、金沢発福井行きのおやすみエクスプレスが平日だけ走っています。

それらは本数が限られているため、確実に乗りたい場合には北陸本線の時刻表を確認することが肝心です。

北陸本線について

北陸本線は滋賀県米原市の米原駅と、石川県金沢市の金沢駅を結ぶ、およそ176.6 kmの間を走っています。

その米原駅と金沢駅の間には41か所の旅客駅が存在しており、それら以外にも貨物専用の駅が4ヶ所あります。

その開業は1882年3月10日とかなり古いのですが、全通したのはそれから30年以上も後の1913年4月1日のことでした。

その路線の上には、サンダーバードやしらさぎなどの特急が走っており、またゴールデンウィークなどの観光客が多い時期には、米原駅と木ノ本駅の間で臨時列車のSL北びわこ号が運行されています。

また、それらと比べると影が薄いかも知れませんが、521系などの普通列車にも独特の味わいが感じられるので、鉄道ファンなら一度は乗ってみる価値があると思われます。
北陸本線 時刻表について→https://www.jr-odekake.net/eki/timetable.php?id=0541425

 
スポンサードリンク