スポンサードリンク

ハイウェイバスドットコムについて

ハイウェイバスドットコムについて

ハイウェイバスドットコムは、高速バス専門の予約を提供する、インターネットのWebサービスです。

提供を行っているのは京王電鉄で、インターネットに繋がる端末を使い、座席単位で予約を行えるのが特徴です。

2000年の設立以来、現在も運営が続けられていますから、高速バス予約における定番のサービスとなっています。

開設は京王電鉄が行っていますが、現在の運営は分離されたバス事業に伴い、京王電鉄バスが引き継いでいる状態です。

名鉄バスが運営していた名鉄高速バスドットコムや、西鉄バスなどが運営に参加していた楽バスなども、ハイウェイバスドットコムに移行しています。

各バス会社が参入を行っているので、今では代表的なサービスとして、多くの利用者が集まります。

 
スポンサードリンク
 

ハイウェイバスドットコムの主な沿革は、2000年11月21日の開設を始めとして、ドコモによる予約開始や名鉄高速バスドットコムの統合へと続きます。

2009年には中央高速バスでアライアンスが結成され、予約機能の変更においては、窓側や通路側など座席の希望が可能となります。

同年には女性専用席が導入されたことから、こちらの予約も対応を始めます。

加えて、Web回数券の導入と対応も一緒に行われています。

2011年に入ると、全中央高速バスの13路線で座席指定サービスの導入が行われ、オンライン決済時に座席指定が可能となりました。

翌年にはスマートフォン対応のウェブサイトが親切されていて、益々ハイウェイバスドットコムの利便性が向上するに至ります。

予約が便利なハイウェイバスドットコムですが、利用によって割引が受けられるのも魅力です。

ネット割引は、Web上でクレジット決済を選択した時に、対象路線で乗車区間を問わずに適用が行われます。

仮にハイウェイバスドットコムで予約しても、コンビニや窓口で購入する場合は対象外です。

往復割引は対象の路線で適用される仕組みで、予約時に適用の有無を確認する必要があります。

車内での精算時には適用されませんから、こちらも予めチェックして活用することが肝心です。

早期決済割引は、乗車予定の一定期間前に座席の確保を済ませれば、チケットがお得になるという制度です。

予約購入の際に適用が行われますから、高速バスの利用予定がある時は、早めにチケットの購入を決めるとお得になります。

ハイウェイバスドットコム 予約について

予約方法は、ハイウェイバスドットコムのサイトを筆頭に、直接窓口と電話窓口があります。

支払いはクレジットカードかコンビニ決済が主流で、運行各社窓口や、自動券売機と車内での現金払いも選べます。

大手旅行代理店窓口で支払う、という方法もありますから、予約時にチェックして確実に決済を済ませることが大切です。

予約変更やキャンセルなども、ハイウェイバスドットコムの画面上で簡単に手続きできます。

ユーザー認証でログインを完了したら、予約情報一覧のページから詳細の確認を行い、変更やキャンセルボタンがあれば操作可能です。

一方の払い戻しは購入方法によりますが、原則的に購入場所で手続きをすることになっています。

つまり、インターネットで予約してクレジットカード決済を完了した場合は、払い戻し手続きもハイウェイバスドットコムサイト経由で行うということです。
ハイウェイバスドットコムについて→https://www.highwaybus.com/gp/index

 
スポンサードリンク