スポンサードリンク

スーパーはくとについて

スーパーはくと 時刻表について

スーパーはくとは関西と山陰を結ぶ西日本旅客鉄道株式会社(JR西日本)と智頭急行株式会社が運営する特急列車です。

京都から大阪や神戸、姫路といったJRの東海道本線や山陽本線を走り、上郡から分岐している智頭急行線でJR因美線の智頭まで行き、そこから因美線で鳥取へ出てJR山陰本線の倉吉まで3時間30分ほどで走ります。

一日に往復で7本ずつ、計14本運行しています。

そのうち3本が倉吉発着ではなく、鳥取発着になります。

全ての便で京都発着です。

列車本数は平日、土曜、休日でも同じです。

京都発の一番列車、スーパーはくと1号倉吉行きは、7時過ぎの発車となります。

倉吉発の一番列車スーパーはくと2号京都行きは、6時過ぎの発車となります。

 
スポンサードリンク
 

スーパーはくとの京都発は先ほどの1号が7時台で、続く3号が9時前、5号が11時前となり、後は順に13・15・17時前の出発で最終の13号が19時半過ぎとなっています。

そのうち15時前の9号と最終の13号が倉吉の手前の鳥取止まりとなっています。

一方で倉吉および鳥取発は、始発の2号倉吉発が6時過ぎで、4号が8時過ぎ、6号が10時過ぎに出発となり、その後順に12・14・16時半前になります。

倉吉発の最終は16時半前の12号となります。

鳥取発は14号で出発は18時半過ぎとなっています。

途中停車駅など詳しくは全国の交通公共機関の時刻表を掲載しているインターネット上のウェブサイトや大手検索サイトの路線情報ページなどで検索すると調べることが出来ますし、書籍の時刻表でも調べることが出来ます。

スーパーはくと 空席について

スーパーはくとは通常5両編成で運行しており、2両が自由席で、残りの3両の内2両が指定席、そして残りの一両が指定席とグリーン席となっています。

自由席は特急券と乗車券で乗ることが出来ますが、指定席やグリーン席はそれらの券の他に指定席券やグリーン券が必要になります。

自由席は空いていればどこでも座ることが出来ますが、指定席やグリーン席は空席がなければ座ることが出来ません。

そのため予約が必要になるのですが、その前に空席をインターネット上で調べることも出来ます。

例えば「JR CYBER STATION」というホームページがあり、そこで調べることが出来ます。

乗車月日・乗車時刻・乗車駅・降車駅などの条件を指定すると、その条件に近い特急などの空席案内が表示されます。

スーパーはくと 予約について

スーパーはくとに乗車する際の予約についてですが、自由席の場合は予約の必要はなく、乗車前に駅の窓口や券売機などで乗車券と特急券を購入すれば乗ることが可能ですし、乗ってからでも車掌に行き先を告げれば購入することも出来ます。

指定席やグリーン席の場合は満席になると利用出来なくなくなるので、予約して確保しておく必要があります。

指定席などの予約はJRの駅の窓口や旅行会社の店舗などで前もって行うことが出来ますし、インターネット上ではJR西日本が開設している「JRおでかけネット」というホームページでも可能です。

通常、出発日の1ヶ月前に購入が出来るようになります。

また乗車してからでも指定席などに空きがあれば、車内で車掌に発券してもらえることもあります
スーパーはくとについて→http://www.chizukyu.co.jp/chizukyu/syaryou_eki/superhakuto/

 
スポンサードリンク