スポンサードリンク

janコード検索について

janコード検索について

そもそも「janコード」や「POSシステム」について知っている人がどれだけいるのでしょうか?おそらく日本に住む大部分の人がその単語すら聞いたこともないでしょう。

しかし意外なほど身近なシステムであり、少し聞けば「あーなるほど」とすぐ把握できるものです。

買い物をするときに、黒い複数の太さの違う線(バーコード)と値段とはことなる数字の羅列に目が行く事があります。

あれが「janコード」と呼ばれるものであり、商品を持っていくとレジの人がそのコードをスキャンして価格がすぐに表示され会計がスムーズにできます。

あのコードは商品を識別し店内で管理するためにつけられています。

そのコードを用いた商品と売上の管理を行うものが「POSシステム」です。

 
スポンサードリンク
 

「janコード」は各商品ごとに設定されており、世界中の他のどの商品ともまったく同じコードを持つものはありません。

これを利用して商品の検索を行う事ができます。

コード自体は世界共通のルールに従い定められているので、日本のみならず世界各国にある海外メーカーの発売しているどんな製品もピンポイントで検索する事ができるのです。

こうしたサービスはネット上でいくつかあり、これを応用した情報収集などをおこない市場調査を行う機関もあります。

誰でも簡単に利用できるので一度利用してみてはいかがでしょうか。

ここからは簡単な検索の仕組みや、検索するうえで知っておきたい番号の構成などについて説明していきます。

コードの仕組みがわかる事でより製品について知る事が出来るでしょう。

jan メーカー コード 検索について

janコードは大きな括りで、まず国ごとに固有の番号が割り当てられています。

しかしそれだけではあまりに数が多すぎるので、さらにその国にあるメーカー毎にも固有の番号が割り振られています。

これがメーカーコードと呼ばれる物です。

janコード自体も13桁の標準タイプ、小さな商品用の8桁の短縮タイプが現在の主流となっています。

標準タイプでは頭の2桁が国番号となっており、そこから5桁がメーカー毎に割り振られる番号となります。

janコードは、商品に対して永久に付与されるものではなく原則3年更新となっており、販売終了した商品は基本的に更新しないため、この仕組みを利用して各メーカーが現在生産・発売している商品の一覧を閲覧する事もできます。

janコード 国番号について

janコードの頭2桁には、国ごとに決められて割り当てられています。

日本であれば「49」ないし「45」が用いられます。

コード自体が世界全体で共通の取り決めの元運用されているため、日本の商品である以上この部分は変わりません。

またこのコードからどこの国の商品であるか判別できるため、コードのリストを頭に入れておくだけでも少し有意義な買い物ができるでしょう。

janコードは誰でも勝手に作れるものではなく、きちんとその国においてこのシステムとコードを統括・管理している機関に登録する必要があります。

日本においては一般財団法人流通システム開発センターがこれを行っており、効率的なメーカーでの生産から、流通そして小売りにとっては無くてなならない存在です。

これからお店を開くという方は必ずjanコードについての知識を持っておく必要があります。

 
スポンサードリンク