スポンサードリンク

jr東海 料金表 新幹線、jr東海 料金表について

jr東海 料金表 新幹線について

JR東海はJRグループの中で最も影響力のあるグループと言われていて、昨今はリニア開発でも大いに注目を集めています。

在来線のエリアは名古屋近郊を中心とする東海地区で、中心は名古屋駅になります。

名古屋駅は東西の大動脈である東海道本線をはじめ、長野方面へ延びている中央本線や、三重方面へ向かう関西本線が在来線として入線してきています。

また、東海道新幹線の駅もありますし地下鉄、近鉄、名鉄などの駅もあるということで、乗り換え客などで大いに混雑する駅となっています。

従ってこの駅から列車に乗る場合は何番線から発車する電車に乗るのかなども事前に調べておくと駅構内で迷うこともなくなります。

時刻表はJR東海のホームページなどで確認出来ます。

 
スポンサードリンク
 

JR東海の主力車両と言えば313系です。

色で言いますと白地の車体にJR東海のイメージカラーであるオレンジのラインの入った列車で、東海道本線の米原から豊橋間の新快速や快速、普通車などを中心に活躍しています。

また、ディーゼル区間の高山本線を走る列車なども基本は車体の色は白地にオレンジのラインで313系と同じです。

尚、マニアックな方でしか見分けがつかないかもしれませんが、313系に似た車両で311系も東海道本線などを走っています。

行き先表示の箇所や、車内のシートの配列などが313系と違っていてそこで見分けることも可能です。

ちなみに中央本線や豊橋以東の静岡方面へ向かう列車には、211系も見かけることが出来ます。

JR東海の在来線を走る列車で注目しておきたいのが豊橋から米原まで運行されている新快速列車です。

新快速というのは全国的に見て多くのエリアで走っているわけではありません。

東京、大阪、名古屋あたりの大都会限定で走っている列車で、快速よりさらに停車駅が少ないのです。

また、特急料金なしで乗れるのがかなりの魅力で、新快速に乗ると名古屋から豊橋間は1時間程度で移動することが出来ます。

尚、昼間は西方面行きは大垣止まりの新快速が多く、大垣で米原行きの普通車に接続し、JR西日本との境目である米原へ向かうことになります。

尚、名古屋から米原まで最速で行きたい場合は、特急料金はかかりますが特急しらさぎの利用が断然速いです。

JR東海を利用し、東京方面や大阪方面へ向かう場合は料金の確認も事前にしておきたいものです。

新幹線を利用して大阪や東京へ向かう場合、JR東海のホームページやネット内の乗り換え情報サイトで料金は確認することが出来ます。

新幹線を利用する場合、自由席と指定席で料金は異なりますし、繁忙期・閑散期・通常期などでも微妙に料金は違います。

従って仕事の出張などで新幹線を利用する場合は、後からの精算のことも考えてきちんと料金を把握しておくことがベターです。

閑散期がいつなのか、といったことについては毎月本屋で発売されるぶ厚い時刻表にも記載されていますし、みどりの窓口に行ってJRの職員に尋ねれば詳しく教えてもらえます。
jr東海 料金表 新幹線、jr東海 料金表について→http://jr-central.co.jp/info/fee.html

 
スポンサードリンク