スポンサードリンク

ドコモ 料金プランについて

ドコモ 料金プラン シェアパックについて

東邦銀行の支店コードは、100番台から700番台まで、それぞれの所在している地域にあわせて番号が付与されています。

携帯電話のサービスでお馴染みになっているのがNTTのドコモです。

2018年5月25日(金)から始まった定番のシェアパックは、使った分だけ支払いが出来るサービスです。

こちらのデータ量は最大で30GB・月額定額料・パケットくりこし・ずっとドコモ割プラスとなっています。

ベーシックシェアパックの月額定額料は、5GBまでが6,500円、最大の15GB~30GBが15,000円です。

パケットくりこしは利用することが出来ませんが、ずっとドコモ割プラスは-90円から-1,200円となっています。

このように家族で利用する場合は、上記でご紹介するプランで契約をするのがお得になりますので、試してみてはいかがですか。

 
スポンサードリンク
 

ドコモで新しく始まったシェアパックは、ベーシックとウルトラが選べるようになっています。

こちら家族で利用する方やパケットを頻繁に使う方にお薦めのサービスです。

実際にパケット通信が定額で利用することが出来ます。

ウルトラシェアパックのパケットは30・50・100、データ量が最大で100GB、パケットくりこしやずっとドコモ割プラスの対象です。

月額定額料は、13,500円から最大25,000円、ずっとドコモ割プラスは-1,200円から-2,500円となっています。

パケットを家族で分けて使う場合は、シェアオプションの対象になり、月額定額料500円が掛かります。

こちらのサービスを利用する際は申込みが必要です。

ドコモ 料金プラン パケットについて

ドコモからは、パケット通信・パック・定額サービス・くりこしが定番となっています。

このパケットというのはデータの量のことです。

ドコモでは、これらにまつわる良心なサービスを展開しています。

パケットパックの無料通信は、通話やテレビ電話にも使えるうえに上限額まで無制限にくりこしが可能です。

2018年5月25日(金)から新しく始まったシェアパックなら、家族で分けて便利に使うことが出来ます。

こちらパケットを使った分だけ支払うプランになりますので、状況に応じて安い月額定額料のパックで申し込むのがお得です。

このパックを利用する際は、通話が24時間無料・家族内の通話無料・データ通信のみなどのプランの契約が必要です。

ドコモ 料金プランについて

ドコモが運営しているホームページからは、製品やサービス、料金にまつわる情報を掲載しています。

このうちから料金は、ベーシックを始めにパケットパック、インターネット接続サービスや割引などがあります。

人気のiPhoneで推奨しているのがシンプルプラン+シェアオプション+SPモードです。

こちらの月額定額料は1,780円、別途で機種代金や登録手数料などが掛かります。

シェアパックからは、ずっとドコモ割プラスというサービスがあり、利用年数に応じてdポイントを進呈してもらえます。

My docomoというサービスからは、契約内容の確認や変更などを利用することが出来ます。

ドコモのホームページからは料金のシュミレーションがありますのでご興味がある方はチェックです。
ドコモ 料金プランについて→https://www.nttdocomo.co.jp/charge/plan/

 
スポンサードリンク