スポンサードリンク

簡易書留 料金について

簡易書留料金について

簡易書留という郵便サービスの一種を知っている人は多いはずです。

例えば大事な資料などが書留扱いの郵便で届けられることがあったり、また、受取時には手渡しが原則なために普通の郵便とは違うことを漠然とでも知っていることでしょう。

ところが差し出す側となった場合、案外分からないことがあるものです。

普段に利用する郵便サービスと言えば、普通郵便やゆうパックなどが主になっていることが多く、書留全般のサービスを利用することは少ないと言えます。

簡易書留でなければいけないシーンがなかなかないという人が多いはずですので、そもそもの利用方法に戸惑うこともあるものです。

一体簡易書留はどの程度の料金が掛かるのか、出し方はどんな風にすれば良いのか、ここで確認をしておきましょう。

 
スポンサードリンク
 

はじめに簡易書留の利用にあたっての料金ですが、310円の費用が発生します。

もしかしたら意外と安いと感じる人もいるかもしれませんが、ひとつ注意しなければいけないことがあります。

この310円という費用はオプションとして発生するものであり、この費用だけで発送ができるわけではないのです。

つまり郵便物を差し出すための基本料金に加えて、その上で簡易書留分の料金も支払う必要があります。

その点を考慮すると、他の発送方法と比較して高く付く可能性が考えられるでしょう。

配達記録が付くとは言え、別の郵便サービスでも同様の記録が付くものもあります。

他でも十分なことがありますので、簡易書留でなければいけないのか考えながら利用した方が良いかもしれません。

簡易書留 出し方について

簡易書留を利用する際に悩むことと言えばどんな風に差し出すのかということです。

特に難しいことはありませんが、初めてですと迷ってしまうかもしれません。

まず郵便物を入れる封筒などについてですが、特に指定がされているわけではありませんので安心です。

わざわざ別途用意しなければいけないということはなく、手持ちの封筒でもあればそれを利用することができます。

次に発送する際の方法ですが、ここで一点注意したいのが、郵便局の窓口で出す必要があるということです。

ポスト投函をすることができない発送方法のため、うっかり投函してしまわないように気を付けた方が良いでしょう。

なお、万一ポストに入れた場合、普通郵便としての扱いになってしまいます。

簡易書留 追跡について

この郵便サービスの大きな特徴に、追跡ができることが挙げられます。

追跡番号が付与されていない普通郵便の場合ですと、いま現在どこまで移動しているのかを知ることができませんので不安を感じることもありますが、簡易書留ならば追跡番号で調べることが可能です。

そのため、日数が掛かってしまい不安がある場合などにも、追跡番号から状況をチェックしてみると良いでしょう。

なお、追跡は郵便局のホームページから行うことができます。

ちなみに簡易書留の配達までに掛かる日数ですが、特に早いということもなく普通郵便と同じ程度の時間で配達されます。

ただし簡易書留の場合、日曜や祝日などの、普通郵便の配達がないタイミングでも届けてもらえるため、早く到着しやすい傾向があると言えるでしょう。

もしより早く届けたい場合、オプションで速達を付けることも可能です。
簡易書留 料金について→https://www.post.japanpost.jp/fee/simulator/kokunai/option.html

 
スポンサードリンク