スポンサードリンク

郵便小為替について

郵便小為替について

郵便小為替は、近くにあるゆうちょ銀行あるいは郵便局の貯金窓口で購入することができます。

50円から1000円まで50円刻みで12種類の定額小為替証書が用意されています。

例えば3550円を送りたいというときには1000円を3枚と500円が1枚そして50円を一枚購入することになります。

購入する際には、定額小為替振出請求書に必要事項を記入していきます。

書いていくのは日付に住所、名前と日中連絡先、そして希望する送金額つまり前述のように必要となる証書の枚数です。

その請求書を窓口に提出すれば、指定した通りの証書をもらうことを発行してもらえます。

一度発行した証書の有効期限は6ヶ月なので、送る直前に購入したほうが良いです。

 
スポンサードリンク
 

定額小為替を受け取ったときには、それを持って近くのゆうちょ銀行か郵便局の貯金窓口にもっていけば現金に交換する事ができます。証書には表と裏に書き込む部分があります。

指定受取人には受け取って換金できる権利を持つ人を送る人が書き込むのですが、無記名にしておくことが多いです。もし指定受取人に名前が書いてあるときには他の人は基本的に受け取れません。

受け取りの際には本人確認が行われます。

証書が手元にあるけれども指定受取人になった人の都合が悪くて、窓口まで受け取りに行けないというときには証書の裏に委任欄があるのでそこに代理人と指定受取人の名前を記入してもっていきます。

紛失したり、有効期限が切れてしまった場合には手続きをすることで、再発行をしてもらってそれで換金が可能になります。

ただし、紛失は有効期限内の再発行はしてもらえません。
郵便小為替(定額小為替)→https://www.post.japanpost.jp/bank/exchange/

郵便小為替とは?

郵便小為替とは、正確に言えば定額小為替といいます。

ゆうちょ銀行など銀行の口座を持っている人は窓口やATM、ネットなどで相手の口座を指定してお金を送ることが出来ます。

しかし何も銀行口座を持っていないときには、現金書留で送るか為替で送るかということになります。

ただ、現金書留は送料が高いので、普通郵便で送ることが出来る為替の方を選ぶ人が多いです。

そして為替には定額小為替と普通為替があり定額小為替は50円から1000円まで12種類の為替を購入して送るのに対して、普通為替は500万円以内であれば自由に金額を設定できます。

定額小為替は少額を送るのであれば、手数料が安く済むので普通為替よりもメリットがあります。

郵便小為替 手数料について

郵便小為替を購入したときの手数料は、どの金額を購入しても1枚につき100円が必要になります。現金書留を利用した場合には基本料金に加えて430円ですから、4枚以内であれば郵便小為替のほうが安くなります。

普通為替のほうはというと、送金額によって変わって切るので送金額5万円未満であれば430円、総金額5万円以上なら650円です。

証書の最高額は1000円ですから430円以内になるのは、どう頑張っても1000円が4枚となる4000円です。それ以上になれば5万円未満でも普通為替を選んだほうが安上がりになります。

手数料をできるだけ抑えたいのであれば、4000円以上か、それとも以下になるのかでふたつの為替を使い分けていきましょう。

 
スポンサードリンク