スポンサードリンク

郵便 封筒 サイズ 料金について

郵便 封筒 サイズ 料金について

封筒の周囲の長さと重さが規定以内であれば、定形郵便として扱われます。

縦14~23.5cm×横9~12cmで厚さが1cm以内の封筒で重さが50g以内であれば定形扱いになり、割安な料金で送れます。

重さが25g以内であれば82円で、25以上50g以内であれば92円の料金で済みます。

企業では公的機関の書類がA4サイズに統一されたことから、A4の書類を三つ折りにして入れられる12×23.5cmの長形3号の封筒が良く用いられています。

書類の控えの返送を依頼する際にも便利な大きさです。

その他には、B5の書類が三つ折りで封入できる9×20.5cmの長形4号の封筒も使われています。

小さめの書類を送付するのに適しています。

 
スポンサードリンク
 

定形外郵便は定形郵便を超えたサイズと重量の郵便物に適用され、規格内と規格外に分かれます。

規格内は、長辺34cm以内×短辺25cm以内で厚さ3cm以内の長さで重さが1kg以内となります。

書類やパンフレットなどの冊子を折らずに送りたい場合にも利用できますし、通販やオークションで書籍1~2冊程度やCDを2~3枚程度送付したい時にも用いられることもあるでしょう。

料金は50g以内が120円で50~100g以内が140円となり最も利用機会が多いです。

最大の1kgの郵便物は570円です。

規格外は長辺が60cm以内で全ての辺と厚さを合わせて90cm以内に収める必要があります。

重量は4kgまで取り扱いがあります。

50g以内であれば200円で100g以内なら220円となり割安な料金で投函できますが、最大の4kgとなると1330円がかかります。

封筒 サイズ 切手 料金について

切手は、定形郵便分の料金であればコンビニや商業施設の商品券の売り場などで簡単に購入できます。

ただし、出す郵便物が多い場合は枚数の用意がないこともあります。

また、10円や1円ずつなどの細かい料金分や金額の高い切手は置かれていないことがあるので注意が必要です。

販売されていなかったり、在庫切れだったりする場合は、郵便局の窓口に出向くことを勧めます。

多い場合は窓口の担当者がそれぞれの重さを量り、対応する料金を算出してもらえます。

料金を現金で支払うと、そのまま切手や代わりの証明書を封筒に貼り付けるために自分で切手を貼る手間もかかりません。

郵便ポストの入れ口のサイズよりも大きく、投函が難しい定形外の郵便物も窓口から受付可能です。

封筒 サイズ 一覧について

企業で良く使われる封筒には長形や角形があります。

長形は和封筒で、縦長の形状をしている縦書き用の宛名が書ける封筒です。

改まった場での利用に向いていることから、企業や家庭でよく使われます。

郵送物の送付や返送に使われ、顧客からの届出などを自社に送付する際に利用されます。

最も定形郵便で使われるのはA4やB5サイズの用紙が三つ折りで封入できる長形3号と4号です。

角形封筒は軽くて小さい荷物や冊子を折らずにそのまま入れられるのが特徴です。

パンフレットやカタログなどを送付する際に定形外郵便が使われます。

角形0号と1号であれば、A4やB4の用紙サイズのまま折り曲げないでそのまま入れられるためどちらかがあると便利です。

B4の書類を送る機会がない場合は、角形A4号があるとオールマイティに使えます。

文字通りA4に相応しいサイズですので、A4封筒とも呼ばれています。
郵便 封筒 サイズ 料金について→https://www.post.japanpost.jp/service/standard/one_price.html

 
スポンサードリンク