スポンサードリンク

お祝い 封筒 書き方について

お祝い 封筒 書き方について

結婚や出産、入学や卒業、就職や定年等人生には節目節目に行事があり家族や親戚、友人や知人等からお祝いをもらうことがあります。

お金をもらうことが多く、だれにでも喜ばれることになります。

お祝いはそれぞれに応じた封筒に入れるようにします。

最近は様々な用途に向いたお祝い袋が各種販売されています。

自分のあげたい相手に合ったものを選び、お金を入れて自分の名前を書くようにします。

お祝いの言葉が書かれた封筒が探せない場合には、祝儀用袋に「退職祝おめでとう」などと自分の手で心をこめて祝儀袋の水引よりも上半分に書き、下の半分に自分の名前を書くようにします。

おめでたさの伝わる封筒に自筆を添えることがポイントとなります。

 
スポンサードリンク
 

お祝い封筒はなるべく筆や毛筆ペンで書くようにします。

ボールペンやマジック、鉛筆やシャープペンシルは控えるようにします。

不祝儀の袋には墨の色を薄くして悲しみの気持ちを表しますが、お祝いの場合にはちがいます。

濃い墨ではっきりとわかりやすく文字を書くようにします。

濃くすることを心がけて墨を擦ることがポイントとなります。

また筆ペンを選ぶ時には薄墨ペンと書かれたものではなく、普通の筆ペンを購入することを間違わないように気をつけます。

文字を書く時は相手へのお祝いの気持ちをこめて、ゆっくりと丁寧に書くようにします。

書かれた文字からもお祝いの温かい気持ちが伝わるよう、誠意のこもったお祝い封筒を作成することが必要です。
お祝い 封筒 書き方について(参考サイト)→https://zexy.net/newlife/manual/mns_yorokobi/chapter2.html

夫婦等、家族内で連名でお祝いを贈りたい場合には、封筒に名前を連ねて書くようにします。

夫婦の場合には夫の姓名をフルネームで書き、妻は姓を省いて名前だけを夫のフルネームに連ねて書きます。

また会社の同僚や友人何人かでまとめてお祝いをしたい場合には、一つの封筒に3名くらいまでは名を連ねて書くことを心がけます。

あまり人数が多い場合には、代表者名を書きその他一同等、すっきりと見えるような工夫をします。

参加をしたすべてが誰なのかを伝えたい場合には、別紙にすべての人を書き、お祝い封筒に添えて渡すことも可能です。

名前を書く時には、水引の上に書いてあるお祝いの文字よりも少し小さめにすることが一般的です。

一人で贈る場合も、フルネームで自分の姓名を書きます。

お祝い封筒に金額を書く場合には、数字は旧字で書くことが一般的です。

他者によって書き直されることがないような配慮となります。

中袋に金額を書くところがある場合には、そこへ書くようにします。

書くところがない封筒の場合には中袋の表側の真ん中より少し上に、金〇萬園也と書きます。

〇の部分には贈る額を正確に書きます。

裏側にはなるべく左側に寄せて、自分の住所と名前を書いておきます。

贈られた人が誰からいくらもらったのかがわかりやすくなります。

また住所を書いておくことで、お礼や内祝いをお返しとして贈る場合に役に立ちます。

このような心配がないように住所を書かない人達もいますが、一般的な常識としては贈り主の住所や名前も書き添えておきます。

 
スポンサードリンク