スポンサードリンク

お布施 封筒 書き方について

お布施 封筒 書き方について

普段の生活にはそれほど必要とならないお布施ですが、いざ、親戚や仕事関係の方がこの世を去られた時には必要となってきます。

現在ではそれはお金と思われています。

元は他人に財産とか物品を施したり、相手にとって利益になるようなお釈迦様の教えを説くことだったり、恐怖や不安を取り心を安らかにすることだったのです。

今日では僧侶に通夜、葬儀、法事の時の読経や戒名をつけて貰うことへの謝礼となっています。

僧侶に渡して、それをあげたように思いますが実はご本尊に捧げたことになっています。

本尊を守っている寺を維持して活動をする住職たちやその家族の生活を助ける役目もあります。

お布施を寺にする人たちの家、家族は檀家と言われています。

 
スポンサードリンク
 

葬儀、法事の時に僧侶に渡すお布施を包むものですが、正式なものでは水引をかけない奉書紙で包みますが、今日では簡素化されてきています。

一般的に使用されているのは表書きにお布施と印字されている封筒や不祝儀袋が使われます。

また、そのような封筒や袋でなく白い封筒で自分で表書きを書いてもいいです。

白封筒を使う場合は二重になっているのは使いません。

不幸が重なると言われるからです。

郵便番号欄の無いものを使います。

白封筒、や奉書紙を使う場合は水引は使いませんが、不祝儀袋の場合は水引は黒白、黄白となります。

黄白の水引は一部の地域では葬儀にも使われますが多くは四十九日以降の法要の時に使われています。

いろいろありますが一番丁寧なのは半紙に包み奉書紙で上包して水引をつけないものです。

封筒の表書きは、お布施御布施御経料御礼御回向料などがあります。

書くときの墨の色は薄墨ではなく普通の濃い墨で書きます。

上段にそれを書き、下段には喪主の性、喪主の氏名のどちらかを書きます。

裏面になりますが中袋や中包みがない場合には表にお布施やフルネームを書いた時には裏面には何も書く必要はありません。

中包みや中袋を奉書紙などで包む場合は、住所氏名などを書くこともあります。

その時の墨も普通の濃い墨で書きます。

金額を書く場合は中袋や中包みに書きます。

地域によりお布施袋の裏面に書くこともあります。

近年はアラビア数字が増えていますが、お布施に入れるお金ですが金額を書くときの正しい書き方は漢字で一や壱、ニや弐、三や参など数字の改ざんができないように書きます。

お布施に入れるお金ですが、慶事の入れ方となります。

受け取るお寺側に不幸があったわけではないからです。

お札の顔がある方が表面に来るように入れます。

またお札は新札か綺麗なお札を使います。

特に法事などでは新札、綺麗なお札を使います。

お布施をいつ渡したらいいのかと悩みますが葬儀の場合には式が始まる前に僧侶に挨拶をしてその時に渡すのがいいでしょう。

法要の時など慌ただしくしていて始まる前に渡せなかった時には終えてから挨拶をして渡すといいでしょう。

渡すときは袱紗から出したり、お盆に乗せて渡すのがいいとされています。

お布施には決まった金額はありません。

いくらがいいのかと悩みますが遠慮なくお寺様に聞くといいです。

 
スポンサードリンク