スポンサードリンク

現金書留 料金について

現金書留 料金について

大切な人へのお祝い金やお見舞いなどは現金で相手に送りたい時があります。

一般郵便物としてポストに投函してしまいそうになりますが、実はこの行為は法律違反であり、現金を送る際には必ず現金書留で送る必要があるのです。

さらに現金は通常郵便とは違う為に郵便局の窓口で書留料金を支払った上で、現金書留として発想しなければいけません。

現金書留に使用する専用の封筒は郵便局で購入が可能であり、サイズ違いで2種類が準備されています。

どちらもその料金は20円(税抜)であり、この封筒はのし袋をそのまま入れて送ることが出来るサイズになっているために、お祝い金などを送る際には非常に便利です。

現金書留を送る際にはのし袋に現金を準備するなど、相手に送りたい状態にして封筒に手紙なども一緒に同封した上で窓口で受付が可能です。

封筒には印章で封印する必要があるために印鑑を持って行くと便利になります。

 
スポンサードリンク
 

現金書留は郵便局で専用封筒を購入して準備をしても、そのままポストに投函して送ることは出来ません。

必ず郵便局の窓口で受付をして貰い、書留料金を支払う必要があるのです。

現金書留専用の封筒も郵便局でしか販売されていないため、窓口で封筒を購入して送り先などを記入して準備し、そのまま受付して貰えれば手間は一回で済みます。

現金書留を送る際の金額は、重量分の一般郵便料金に加えて、規定の現金書留料金が追加されます。

その値段は送る金額が1万円までが430円であり、それ以降は5,000円プラスになる毎に10円ずつ加算されます。

このように郵送金額によって金額が追加されていくのには損害時の賠償が含まれている為であり、仮に郵便事故が起こった場合には、上限を50万円として実損額が賠償されるシステムになっています。

現金書留 追跡について

現金書留は万が一郵便事故が起こった場合にも、その実損額が賠償されることになっていますが、やはり大切な相手に送る現金がきちんと受け取られているかは心配です。

郵便局の窓口で受付をしてから以降の、現金書留の動きを追跡できるシステムがあります。

現金書留の追跡システムとは、郵便局で受付した郵便物が届け先に配達されているかを直ぐに調べられるシステムであり、

手元に残っているお客様控えの中に記載された「お問い合わせ番号」をWEBサイトの追跡サービスのページで入力すれば、現在の配達状態がどのようになっているかを直ぐに確認できるのです。

このサービスはホストコンピューターで一括管理されているために、配達状況をリアルタイムで知らせられるようになっています。

お問い合わせ番号の個別照会意外にも、連続した番号を照会することで1階に100通までの照会が可能であり、追跡可能期間は取扱い後100日までになっています。

現金書留とは?

銀行や郵便振り込みなどのサービスが充実した近年においても、お年玉や様々なお祝い金などは振り込みではなく現金で送りたい時も少なくありません。

日本郵便(郵便事業株式会社)のサービスには現金書留があり、これはお金(現金)を送る時に専用の封筒(現金封筒)にお金を入れて書留の郵便物として送る方法になるのです。

現金書留は日本郵便(郵便事業株式会社)が発行している現金封筒を使用して印章で封印をする必要があります。

この専用封筒は郵便局のみで販売しており、切手のようにコンビニでは購入することは出来ません。

しかしながらこの封筒はのし袋も入る大きさになっているために、お祝い金などをのし袋に入れた状態で送る際も便利です。
国内の料金表(オプションサービス)日本郵便→https://www.post.japanpost.jp/fee/simulator/kokunai/option.html

 
スポンサードリンク