スポンサードリンク

ゆうゆう窓口とは?

ゆうゆう窓口とは?

ゆうゆう窓口は営業時間外において郵便サービスを利用することが窓口で、もともと時間外窓口という呼ばれ方をしていましたが、1999年に改称されました。

名前の由来として郵便の「郵(ゆう)」と差出時間の余裕という「裕(ゆう)」に、あなたの英語である「you」をかけた言葉とされています。

土日祝日はもちろん夜間もサービスを使用することができるので、平日や昼間に忙しい人に人気です。

現在「時間外窓口」という概念が廃止されていて、事業内容として郵便物の引き渡しや切手・ハガキなどの販売、関連商品の販売などが業務の中心になっていて、

郵便局の公式サイトからゆうゆう窓口を確認したり、設置時間を調べることができるでしょう。

 
スポンサードリンク
 

郵便窓口とゆうゆう窓口の違いは、郵便の方は主に平日開いている窓口で、事業内容として郵便物の引き渡しや切手・ハガキの販売業務が中心になります。

ゆうゆうと業務内容はほとんど変わりませんが、留守の時に配達されてしまった郵便物の引き渡しや申請書類などの受付業務になると、ゆうゆう窓口でないと扱っていないと可能性もあります。

基本的に郵便物を取り扱っている窓口であるという性格が強くあり、郵便窓口がきちんと設置されているエリアでは、郵便の方の営業時間中にゆうゆうの方が業務を行うことがないこともあるでしょう。

ゆうゆう窓口は時間外の営業と思われたりもしていますが、土日でも営業している通常の郵便窓口も存在しています。

ゆうゆう窓口と郵便窓口にはいくつか違いがあります。

事業内容はほとんど同じなのですが、運営している企業が違っているということがあげられます。

ゆうゆう窓口は郵便事業会社が運営していて、郵便窓口は郵便局会社が運営しているのです。

ゆうゆう窓口は郵便事業会社の支店に限定され、そのような支店は郵便窓口の業務が他の局と少し異なるケースがあるでしょう。

窓口の数が大きく異なり、ゆうゆう窓口は支店に設置されていることが多いので数が少なめになっています。

自宅の近くにある郵便局は郵便事業会社の支店なのか確認しておくと良いでしょう。

郵便局自体を利用する方法は大きくは変わりませんが、エリアによって営業時間が違うので事前に確認してから利用することをおすすめします。

ゆうゆう窓口が営業している時間帯はエリアによって異なります。

全国的に統一されておらず、例えば東京都のような都心部になると24時間いつもで開いているようなところもあります。

日本で一番大きいと言われている東京中央郵便局になると長い時間営業しているでしょう。

地方では一般的に土日を含めて朝8時~夜21時ぐらいの営業が多いようです。

この窓口がどこにあるかは郵便局の公式サイトを検索したり、直接最寄りの郵便局に電話する方法もあります。

不在で受け取ることができなかった荷物などを受け取ることができ、その際不在通知書や本人確認書・印鑑などを持参しておくと受領することが可能です。

速達や現金書留などもこの窓口から出すことができます。
ゆうゆう窓口→http://www.post.japanpost.jp/shiten_search/index.html

 
スポンサードリンク