スポンサードリンク

津軽海峡フェリー ホームページについて

津軽海峡フェリー ホームページについて

津軽海峡フェリーのホームページでは、航路だけでなく運行状況や時刻表などが詳しく掲載されています。

それだけでなく、スマートフォン表示にも対応しているので、パソコンを持っていない方でも安心して閲覧することができるでしょう。

通信内容もHTTPS通信で保護されているので、盗聴される心配はありません。

その他、フェリーに乗船する際の注意事項や質問に関することなどが掲載されているので、乗船前に事前に読んでおくと良いでしょう。

初めてフェリーに乗船する方には、はじめての方へというボタンをクリックすることで予約から乗船までの一連の流れを把握することができます。

もちろんそれでもわからないことがあれば、お問い合わせから問い合わせできるのです。

 
スポンサードリンク
 

津軽海峡フェリーのホームページでは、インターネットを経由して予約をすることができます。

出発地と到着地を設定して、乗船日を指定することで、便を検索することができます。

また必要な費用や、車を乗せる場合などにも対応しているので、事前に料金を用意しておくことができるのです。

予約に関する問題については、専門のスタッフの方が対応してくれるので、パソコン操作に慣れていないお子様やお年寄りでも安心して操作することができます。

乗船の流れについても掲載されているので、事前にフェリーに乗船する際の注意事項や、気をつけなければならないことなどを把握することができるでしょう。

わからないことがあったら、お問い合わせからフリーダイヤルで問い合わせましょう。

津軽海峡フェリー 運行状況について

津軽海峡のフェリーでは、運行状況に関しては特に問題はありませんが、バリアフリー問題に関しては疑問を呈せざるを得ません。

そのため、車椅子やお年寄りに配慮して、段差を少なくしたりエレベーターを設置することが望ましいでしょう。

特にお年寄りがフェリーで転んで脚を骨折してしまうと、港まで救急車が出動しなければならず、非常に危険なものになるでしょう。

混雑した港まで救急車が出動するには時間がかかりすぎるので大変です。

運行については、ホームページから確認することが可能になります。

スマートフォンでもアクセスできるので、外出中でも簡単にアクセスできるところが良いです。

予約に関することや、運行状況などが詳しく掲載されています。

津軽海峡フェリー時刻表について

津軽海峡フェリーの時刻表については、ホームページから閲覧することが可能です。

ルートによって異なっており、便は一日に二回しかない場合もあるので注意しましょう。

朝の便と夕方の便の二種類があり、朝の便は7時からのものもあるので、早く起きる必要があります。

それだけでなく、出発日についても明確に定められているので、事前に出発日をよく読んでおいて確認することが重要です。

函館から青森の便では片道で3時間40分もかかるので、事前に船酔いになったときのために酔い止めを用意しておくと良いでしょう。

もちろんフェリーには、揺れを軽減させる装置が付けられているので、酔いやすい人でも安心して乗船することができます。

天気が悪くても欠航することは殆どありません。
津軽海峡フェリー ホームページ→https://www.tsugarukaikyo.co.jp/

 
スポンサードリンク