スポンサードリンク

北陸鉄道バス 時刻表について

北陸鉄道バス 時刻表について

北陸鉄道バスの時刻表は、公式サイトで提供が行われています。

時刻表の形式はPDFで、各方面ごとに公開されているのが特徴です。

方面別ではNo1からNo12まで細分化されており、利用したい方面について詳しく調べられます。

更に城下まち金沢周遊バスや兼六園シャトルに、加賀白山バスと加賀温泉バスなど、こちらの方面の時刻表も公開済みです。

PDF形式のファイルですから、パソコンなどで閲覧できるのは勿論、印刷して活用することも可能です。

時刻表は運行状況に合わせて改正が行われ、改正日と共に新しいPDFファイルが公開されます。

情報に関する問い合わせ窓口が用意されているので、不明な点があっても相談したりできて便利です。

 
スポンサードリンク
 

時刻表を具体的に見てみると、いくつかの特徴が分かります。

一つは時刻表のタイトルが大きいこと、そして何時の情報か明確に記載されている点です。

またバスの路線名が番号付きで分けられ、運行系統図を見ながらルートも調べられることです。

視覚的に停留所の順番や名前が理解できるので、北陸鉄道バスに乗りなれていない人も安心です。

肝心の時刻は停留所別になっていて、バスの到着予定時刻が時間ごとに記載されます。

時間帯と分単位で到着予定が分かるので、行動の計画が立てやすくなっています。

モノクロで色分けなどはありませんが、知りたい情報が直感的に分かるデザインなので、迷うことなく使いこなせます。

始発も終発も含めて、バスの流れがこれ一つで把握できますから、北陸鉄道バスの時刻表は利便性重視だといえます。

北陸鉄道バス時刻表金沢について

北陸鉄道バスの時刻表において、金沢は各方面を結ぶポイントです。

金沢学院大学や大学付属病院など、地名に関係する時刻表が満載です。

一方では企業の金沢工場であったり、金沢工業大学も存在しています。

時刻表は方面と共に全て違いますが、大抵は始発は6時台か7時台から用意されます。

始動の早い停留場であれば、6時30分台には始発を利用することができます。

ただ金沢と名前が付く停留所であっても、場所によって本数や始発が大きく異なります。

名前が異なると利用可能な時間も違ってくるので、北陸鉄道バスを利用する際は、正確な名前を元に時刻表を確認することが大切です。

類似の名称が付いている停留所は多いので、公式に提供される情報を見て再確認するのが得策です。

北陸鉄道バス路線図について

北陸鉄道バスでは、路線図についてもPDFや画像で公開されます。

路線図は金沢近郊や北鉄能登バスを始めとして、北鉄奥能登や加賀白山に分かれています。

加賀温泉バスと小松市周辺を加えて、それぞれ細分化されているのが魅力です。

路線図は実際の地図をベースに、路線や停留所が細かく記載されています。

情報量が多く全てを把握するのは大変ですが、順を追って知りたい部分だけを把握できます。

こちらは時刻表と異なり色分けされているので、停留所を順に追いやすく路線の形や流れが容易に掴めます。

乗り換えの案内もありますから、何処で降りて次の目的地に向かえば良いか確認できます。

時刻表と合わせて活用を行えば、北陸鉄道バスの利用はもっと便利になります。
北陸鉄道バス→http://www.hokutetsu.co.jp/route-bus

 
スポンサードリンク