スポンサードリンク

海遊館について

海遊館 アクセスについて

海遊館へのおすすめのアクセス方法は電車です。

大阪市営地下鉄「大阪港駅」1番出口より徒歩約5分でつく好立地にあります。

また、大阪市バスで「天保山ハーバービレッジ」、南海バスと関西国際空港のリムジンバスでは「天保館(海遊館)」で下車してすぐです。

シャトル船も運航しているため、USJからシャトル船キャプテンライン「海遊館西はとば」で下船してすぐの場所になります。

車でのアクセスなら神戸方面は阪神高速神戸線京橋ICから湾岸線経由で約50分、京都・滋賀方面は名神高速道路通って阪神高速池田線豊中ICから約30分、奈良方面は第二阪奈道路を通って阪神高速東大阪線水走ICから約35分です。

海遊館は電車・バス・船・車とアクセス方法も多岐にわたります。

 
スポンサードリンク
 

海遊館 料金について

海遊館の入館の通常料金は大人(高校生・16歳以上)2,300円・子供(小中学生)1,200円・幼児(4歳以上)600円・シニア(60歳以上)2,000円になっています。

すべて税込み価格で3歳以下は無料です。

各チケットは他のサービスと併用することで割引が適用されて大変お得です。

例えば海遊館と大観覧車のセットチケットだと3,000円となって本来より100円お得になります。

サンタマリアとのセットなら3,200円で700円もお得です。

ただし、どちらも大人チケット限定です。

シニアを除いた年齢を対象としたものだと、ユニバーサルシティポート行きシャトル船の往復チケットと一緒に買えば大人は300円、幼児から中学生までは100円安く購入できます。

海遊館 営業時間について

海遊館の営業時間は基本的には10:00から20:00までとなっていますが、月または時期ごとに異なる場合もあります。

例えば2018年の4月28日から4月30日までの間は9:30から20:00までの営業です。

実際に訪れる日を海遊館の営業カレンダーから前もって確認しておく必要があるでしょう。

1年先までの日程が掲載されています。

休館日に関しては2018年だと休まず営業しているため安心です。

海遊館では大型駐車場が完備されているため、車でのアクセスがしやすくなっています。

普通車(天保山駐車場)では平日30分ごとに200円(最大料金1,200円)、土・日・祝日は30分250円(最大料金2,000円)です。

駐車台数は1300台、営業時間は8:00から23:00、出庫は0:00までとなっています。

海遊館 イルミネーションについて

海遊館では恒例イベントとしてイルミネーションを行っています。

ライトアップ期間は11月中旬頃から翌年の3月上旬頃までです。

ライトアップされる時間帯は17時頃から閉館時間の22時頃までとなっています。

愛らしいペンギンたちや、全長約20mにもおよぶ巨大なジンベエザメを模した水族館特有のイルミネーションも魅力です。

カラフルで光り輝くトンネルなど、より一層海遊館の幻想的な雰囲気を引き立ててくれます。

また、クリスマスの時期ではダイバーがサンタの衣装で登場し、ジンベエザメやイルカと一緒に素敵な時間を演出してくれます。

海遊館の生きものたちもクリスマス気分が味わえるように、食べられるクリスマスリースのプレゼントなども行われているのです。

寒くなってきたら、海遊館を検討してみてはいかがでしょうか。
海遊館→http://www.kaiyukan.com/

 
スポンサードリンク