スポンサードリンク

コープの店舗について

コープ 店舗 東京について

全国に展開するコープですが、東京にも多くの店舗があります。

23区で最も多いのは杉並区であり、6店舗展開しています。

新宿区や渋谷区といった都心に近い場所にもあり、人々に密着しているのが特徴です。

23区郊外店舗は売り場面積が大きい店も数多くあり、小金井やひばりが丘では400坪を超える売り場面積となっています。

コープというと昔からある古いイメージがありますが、より多くの人に利用されやすいコンビニのような店へ改装する店も増えています。

都心部ではこうしたコンビニタイプの店の方が利用しやすいという意見も多いのです。

また従来店舗の立地よりもいい場所への移転も進められていてさまざまな取り組みがされているのです。

 
スポンサードリンク
 

コープ 店舗について

店舗を利用する際にも加入手続きが必要ですが、その場で記入して即日利用が出来るので便利です。

店舗にあるサービスカウンターで申し込み用紙に必要事項を記入し、出資金である1000円を支払うことですぐに会員になることが出来ます。

この出資金は商品を仕入れたり新規店を建設していたりするのに必要なお金です。

何らかの事情で脱退するときには、出資金は戻ってくるので安心しましょう。

引越しなどでサービスエリアが変わる時には、一度脱退して利用するサービスエリアに加入しなおす必要があるので気を付けましょう。

同一エリア内であればどこの店舗でも利用できるます。

サービスエリアが異なると取扱う品も変わります。

違う商品を探してみるのも楽しみの一つです。

コープ チラシ 神戸について

神戸にあるコープのチラシを見たい場合、HPから探すことが可能です。

お店のチラシをみるというコンテンツを選んで、利用したい店舗を入力すればいつでも見ることが出来て便利です。

神戸にはいくつかの店舗があるので、お店検索を利用すればピンポイントのチラシを見ることも出来ます。

チラシをみる時間がないという場合には、コープ神戸ネットの会員登録をするのがおすすめです。

紙媒体には載っていない商品などもあって、タップするだけで注文も出来るアプリです。

さらに声で商品を探すことも出来るので時間がない人にはぴったりです。

ゆっくり探したい人は従来通りの紙媒体、いつでもどこでも探して注文したい人はアプリの利用と使い分けましょう。

コープ チラシについて

コープは全国に展開していますが、実は取り扱う商品が店によって違っているということは知られていないかもしれません。

もちろん定番商品で全国どこでも手に入る品もあるのですが、その地域でしか買えないものもあります。

そうしたサービスエリアごとの情報を比較することが出来るのが、インターネットで見るチラシです。

HPから見たいお店を選ぶだけでチラシを見ることが出来ます。

例えば沖縄や北海道といった遠く離れた地域のコープではどんな商品が販売されているのか、興味を持って調べてみても楽しいです。

そしてコープでは曜日別でおすすめ商品が違うといったサービスを提供しています。

お肉の日とか牛乳の日とか、曜日によってテーマが異なるので毎日ネットチラシを覗いてみるのもおすすめです。
コープ→https://www.coop-takuhai.jp/

 
スポンサードリンク