スポンサードリンク

dvd shrink 3.2について

dvd shrink 3.2について

普段DVD等を扱う方々にとっては、聞いたことのない人はいないと想定される程の有名なソフト、dvd shrink 3.2を今回語ってみたいと思う。

DVDをコピーするフリーソフトとして、非常に古く歴史のあるソフトである。

現在ではOSとの互換性や新型のDVDへの対応について懸念される点等多いものであるが、長く愛用されていることにはやはり相応の理由がある。

ソフトの軽量性、使いやすいユーザーインターフェース、そして非常に早い複製処理が可能な事が挙げられる。

海外製のDVDを日本製のプレイヤーで再生させるよう、リージョンコードを書き換えることも可能であり、特に容量圧縮については非常に多くの支持を持っているソフトである。

 
スポンサードリンク
 

勿論、圧縮についてはメリットとデメリットが存在し、その部分を考慮した上で、現状に溢れる市販ソフト等との使い分けをすることで、より便利にDVDの複製を行うことが出来るであろう。

まずデメリットとしては、元の美麗な映像が劣化してしまう事が挙げられる。

ファイルの圧縮において、映像や品質が劣化してしまうのは性質上仕方のないことだが、その品質を維持したままDVDの複製を行いたい方には不向きなソフトウェアと言える。

大型の画面で美しい映像を楽しむことを目的としている場合は致命的であり、このソフトウェアを利用するに辺り、一番の懸念材料になると言える。

ではメリットは何かと言えば、やはり圧縮による容量削減が第一である。
DVD Shrink 3.2.0.15 – ダウンロード→https://dvd-shrink.jp.uptodown.com/windows

dvd shrinkについて

二層式の規格のDVDが約8ギガバイト程であるが、これを一層式規格の約4ギガバイトのDVDに収めることが出来るようになる。

保存を目的とした複製や、映像美よりも機能性を重視した複製をメインにしている方々に軍配があがる仕組みとなっている。

特に大容量のDVD-Rを所持していなかったり、多くの一層式のDVD-Rが余っている方にはなおオススメであろう。

そして何よりも注目したいポイントとして、当然他のソフトにも高圧縮機能は付いているが、当ソフトには更に圧縮時に特殊な変換形式を用いている為に、複製と圧縮を行う処理速度が段違いに速い事である。

ただ、その変換形式は大きなメリットと共に、圧縮におけるデメリットが顕著に出てしまう事が懸念される。

動画ファイルの容量は、映像が大きく動いた部分のデータ量は非常に大きくなってしまうものであるが、このソフトの処理速度の速さの秘密の一つとして、容量の少ない映像部分を先に予測して容量を潰してしまうところにある。

つまり、通常の複製ソフトの圧縮と違い、主に静止しているような映像部分が非常に強く劣化してしまう傾向にある。

ところが、前述した様に、これが多くの量のファイルをHDDに保存するつもりや、小さな容量のDVDへの複製目的であれば、このソフトを利用することは他のソフトを使用するよりも遥か大きなアドバンテージとなる。

そういった各々の利用目的に合わせて、DVD shrink特有の特化した性質を利用する事で、より効率よく作業を進めることが出来るのではないだろうか。

アップデートが終了してからも、長らく利用され続けられるその秘密としては、多くの聡明なユーザーのツールの使い分けが主な理由にあると言える。

 
スポンサードリンク