スポンサードリンク

ラインアット 管理画面について

ラインアット 管理画面について

ラインアットは親しい関係のコミュニケーションツールであるLINEと別で、ビジネスや情報発信に特化した専用アカウントです。

自社と顧客等がつながることで、一層ビジネスチャンスなどが広がることになります。

イメージとしては友達や家族とのやり取りはLINEで、お店や会社と顧客とのやり取りはラインアットで行うわけです。

そもそも両者はアプリ自体から異なっており、情報発信者が主にやり取りを管理します。

スマホでも行えますが、パソコンで利用できる管理画面も用意されており、情報を発信できるわけです。

そして、一つのアカウントを複数の人で共有することも可能で、一人が複数のアカウントを持つことも出来ます。

但し、一部のSIMカードやWi-Fi経由で利用している場合は、年齢認証の関係でアカウントが作れないことがあります。

 
スポンサードリンク
 

ラインアットでは管理画面から1000通までのメッセージを、一斉に送信することが出来ます。

メルマガ的な効果を発揮できるので、顧客に有益な情報を届けられるわけです。

またテキストだけでなく画像やスタンプも送れる上に、予約投稿も可能になっています。

注意ポイントとしては、無料では1000通の制限があることで、1000通を超えるメッセージを送るには有料会員になる必要があります。

一方、1対1のやり取りは従来のLINE同様、無制限で行うことが出来ます。

1対1の密のやり取りができるのがLINEの大きな魅力ですが、自動返信でメッセージを送信することも可能です。

定型文を設定できるほか、特定のキーワードに応じた文章が投稿できます。

注意ポイントとしてはキーワードが完全一致しないと機能しない点で、双方向に繋がった場合も自動返信が出来ません。

ラインアット パソコンについて

パソコンでラインアットのアカウントを作れば、LINE上にホームページを持つことが可能になります。

店舗の情報や地図メニューを掲載できるので、営業の範囲が拡大できます。

このホームページはオープンなため、グーグルなどの検索にも表示されます。

但し、一般の個人アカウントではグーグルやLINEの検索に引っかかることはありません。

認証済みアカウントにするには、住所を開示する必要があるので注意が必要です。

何より認証アカウントではメッセージが1000通を超えても、タイムライン上に送れるメリットがあります。

またメッセージ送信機能として「PRページ」があり、専用のクーポンが作れたり動画や画像を貼り付けたりできます。

一斉送信するメッセージにこれらを貼り付けることで、一層PR効果が高まるわけです。

使い切りのクーポンなどが作れるので、集客効果を高めることが出来ます。

ラインアット 使い方や登録について

ラインアットの使い方としては、「リサーチページ」という送信機能も用意されています。

ユーザーにお気に入りの商品などを投票してもらったり、アンケートを取ったり出来ます。

ラインアットの情報を受け取るには、LINEを使ってラインアットのアカウントを登録すれば大丈夫です。

アカウントIDを検索するには、「@」を頭に入れることになります。

ラインアットはローカルアカウントとメディアアカウント、そしてパブリックアカウントの3つに分かれています。

ローカルは飲食店やホテル、美容室やアパレルなどの小売店向けです。

メディアは雑誌やテレビなどのメディアを対象にしたもので、パブリックでは地方自治体などを対象にしています。

アカウントページではLINEにはない専用ページを開設でき、ウイジェット機能を使って様々にカスタマイズ出来ます。

そしてトーク機能で、ファンやユーザーと直接対話出来るわけです。
ラインアット 管理画面→https://access.line.me/dialog/oauth/weblogin?client_id=1459630796&redirect_uri=https://business.line.me/auth?redirectUri%3Dhttps://business.line.me/sso/auth?response_type%253Dcode%2526scope%253Dopenid%2526client_id%253D1%2526redirect_uri%253Dhttps%25253A%25252F%25252Fadmin-official.line.me%25252Fs%2526state%253DBxUX28w7IHZd&response_type=code&state=3du9zH

 
スポンサードリンク