スポンサードリンク

nttドコモホームページについて

nttドコモホームページについて

nttドコモホームページにはさまざまな情報が掲載されているとともに、便利な機能を使いこなすこともできます。

たとえば携帯電話やスマートフォンの新機種のスペックや機能なども写真つきでいろいろなメーカーのものが紹介されており、検索してその情報を誰でも閲覧することができます。

またnttドコモホームページから予約と購入を行うことも可能です。

この場合はオンラインショップを通じて行う方法と、ドコモショップとよばれる実際の店舗を通じて行う方法の両方が使えます。

同様にドコモが提供しているサービスなどについても検索することができます。

この場合は手持ちの機種によって使えるものとそうではないものがありますので、対応状況を確認することもできます。

 
スポンサードリンク
 

各種のモバイル端末を利用する場合には、利用したい場所がサービスエリアに含まれているかどうかも大きな課題です。

電波が弱ければ満足な通話ができず、端末を持っていても意味がないことがあります。

そこでドコモの公式ホームページ上では、全国のサービスエリアを色別で示した地図を掲載しており、住所などの情報から検索することもできるようになっています。

また総務省が定めたガイドラインにしたがって計測したときの上りと下りの実効速度についてもホームページ上から検索することができるため、

表示された速度と実際との間に大きな食い違いが生じる状況も避けることができます。

この計測結果は市町村よりもさらに細かいレベルで数値を確認することが可能です。

nttドコモ 店舗(問い合わせ)について

全国にはドコモショップとよばれる店舗がいくつもあり、携帯電話やスマートフォンに関するさまざまな問い合わせや相談に対応しています。

新規の契約や機種変更、故障の修理の受付および料金の支払いなども同様です。

また携帯電話の本体などの商品を購入したり、スマートフォンの利用の仕方を教室で学んだりすることもできます。

公式ホームページのなかには所在地や名称などから検索ができる画面もありますので、住んでいる場所の近くにある店舗を検索するのに便利です。

頻繁に利用するドコモショップがあれば、マイショップとして登録をしておくことができる機能も付いています。

ほかにインターネット上からオンライン窓口を通じて問い合わせなどを行うこともできるようになっています。

nttドコモ 料金 明細について

nttドコモにはスマートフォン、タブレットまたはパソコンなどから専用のID番号でログインして個人ごとのページが利用できる独立したウェブサイトが存在しています。

このサイト自体はドコモが発行しているポイントの利用もできるため、回線を持っている人とそうでない人の区別にかからわらず番号の発行を受けて利用することができます。

回線を持っている人が利用料金の明細を確認したい場合も、このサイトにログインして当月と過去の分を閲覧することが可能です。

なお現在では逆に紙ベースでの利用料金の請求は原則として行わず、インターネットを通じた請求金額の案内が標準になっていますので、紙請求書の郵送を希望する場合には、一部の例外を除いて別途、発行手数料がかかります。
nttドコモ 料金 明細について→https://www.nttdocomo.co.jp/charge/online/detail/

 
スポンサードリンク