スポンサードリンク

電車賃について

電車賃について

電車に乗る機会は誰でもあります。

毎日決まった電鉄で決まった区間であれば自然と料金は覚えてしまうのでわざわざ調べることはないでしょう。

しかしいつもと違うルートや行先となると電車賃を調べるケースが出てきます。

特に特急電車に乗るときや相互乗り入れをしている場合などは複雑で料金が気になるところです。

もちろん、駅に行けば切符売り場の上に料金表が出ていますので調べることができますが、そこに寄らずにICですぐに駅構内へ入りたい方や、事前に知って準備をしておきたい方もいるでしょう。

そんな時に自分で隙間時間に電車賃を気軽に調べることができたら便利です。

その声に答えているのが電車賃を簡単操作で調べられるサイトなのです。

 
スポンサードリンク
 

電車運行や路線などの情報を集めたサイトは多くあり、全国対応なのでどこでもどの路線でもわかります。

使い方も簡単で電車賃を調べる場合には出発駅と到着駅を入力して検索するだけです。

経由駅がある場合などはそれを指定して入力するだけで、経由地を通るルートで計算してくれますので面倒がありません。

また、普通列車だけや特急電車を利用などの細かい指定もできるので、自分が想定している移動方法とルートで電車賃を割り出すことができます。

計算も正確なので1円単位で表示されますし、ネット環境があればどこでも検索できるので急な場合でもあっという間に料金を知ることができて安心です。

簡単で正確なのに多くの場合は無料で利用できるのも魅力です。

電車賃 計算について

電車賃が簡単操作で検索できるのですが、計算もあらゆる場面を想定しています。

通常の切符での料金でも現金の値段とICカードの値段の両方がわかるように表示されていますので、その値段の差を含めて支払い方法も決めることができます。

また、特急列車を利用する場合も細かく料金がわかれており、乗車料金と特急料金、さらに指定席料金などと表示されるサイトが多いです。

ですから予算に合わせて特急列車を利用するか、さらには指定席にするのか自由席にするのかなどを決める参考にもなります。

計算があらゆる場面を想定して出してくれるので、自分では気づかなかった乗車の仕方のヒントにもなります。

また、違う電鉄同士の相互乗り入れの場合もそれぞれの区間の料金とトータルでの運賃がわかるようになっています。

電車賃 子供料金について

電車賃で通常の料金と異なる場合がもう1つあります。

それが子供料金です。

これも少し面倒で大人料金の約半額なのはどこの電鉄でも共通ですが、端数の1円以下が切り捨てなのか切り上げなのかは会社によって異なります。

その点をいちいち自分で確認するのは面倒ですが、電車賃を自動計算してくれるサイトやアプリではその部分も網羅されているので安心してお任せして計算してもらえます。

もちろん、特急電車の料金の子供料金も認識して電車賃を示してくれるので自分では何もしなくてもいいのが助かります。

大人と子供の両方の料金を一か所で簡単検索できるので、家族旅行やお出かけなどに大いに役立ちます。

うまく活用すればスムーズな移動で時間をロスしないのが嬉しいです。
電車賃→https://transit.ekitan.com/fare

 
スポンサードリンク