スポンサードリンク

シリアル番号の確認について

シリアル番号の確認について

シリアル番号は主に電気製品などの個体番号として用いられ、機器を特定することで製造年や出荷または販売日などを管理することに役立っています。

機器を購入したユーザーはこの番号を確認することでメーカー保証の対応や使い方についてのサポートなどを受けられることもあり、これら保証期間はシリアル番号とユーザー登録の成立が確認されることで有効になる場合もあります。

番号の管理は製品を使用する間常に所持しておく必要があり、保証期間が過ぎてもなおこの番号によって過去の修理履歴などが管理されているために、電話サポートなどでメーカー側からのスムーズな対応を得ることができます。

番号はできるだけ機器のそばで管理することが望ましいといえます。

 
スポンサードリンク
 

シリアル番号の重要性はソフトウェアを使用する際のライセンス認証などに必要なため、特に慎重に管理することが大事です。

ソフトウェアは番号による管理とユーザー登録で厳重に管理され、著作権の管理や違法な使用を防ぐために使用されることがあります。

ソフトウェアのシリアル番号は更新やバージョンアップの時などにも必要で、パソコンなどの入れ替えの時などには再度アクティベーションを行う時などにも利用されます。

シリアル番号はライセンス認証行うソフトウェアによっては、別名の番号で呼ばれることもあり、シリアル番号と同様な構成が組まれていることもあります。

ソフトウェアの使用は入手経路や販売先を十分に管理することで、違法な使用や不正な入手の防止を行っています。

シリアル番号とは?様々な機器の個体識別番号として使用され、出荷後の製品管理などに使用されます。

シリアル番号の重要性が広まったのはパソコンが普及してからで、主に搭載されたOSをはじめとするソフトウェアの不正使用を把握できるようにするためでした。

パソコン本体もシリアル番号で管理されることで、製造年をはじめ出荷日や納入先などの情報も特定することができ、ユーザー登録を行うことで製品の所有者までも管理できるようになっています。

同じメーカー内に限り、シリアル番号は全く同じものが存在しないことから、管理するには最適な方法で、メーカーの中でデータベース化されたそれらの製品は基板の構成や製造ラインまでが記録されていることもあります。

シリアル番号 製造番号について

シリアル番号はアルファベットなどが混ざっている場合もありますが、順列をおった通し番号になっていることが多く、同じ番号が製造番号にも使われていることがあります。

製造用の番号は番号内に日付情報が入っていることが多く、製品によってはその番号から製造年を知る手掛かりにもなります。

番号の大小は製品のバージョン情報や新旧の差を知ることができ、シリアル番号と製造番号を分けて管理しているメーカーもあります。

その場合も管理される番号はシリアル番号なので、そのほかの番号は製造現場から別の工程に移されるときなどには変わる場合もあります。

多くの場合、シリアル番号と製造用の番号が両方ある場合は、製造元と販売元が分かれていることがあります。

 
スポンサードリンク