スポンサードリンク

東名高速について

東名高速 料金について

東名高速道路は、東京都内から愛知県内までの太平洋沿いを横断する高速道路ですが、その料金体系はかならずしも均一ではありません。

メインとしては普通車や大型車などの車種の違いごとに、その利用距離に応じた金額が徴収されることになっています。

この中には純粋な利用距離に対応した部分のほか、利用回数ごとに固定的に徴収されるターミナルチャージの部分が含まれます。

利用距離に応じて徴収されるとはいっても、東京都内などの大都市近郊区間と呼ばれるところでは通常よりも1.2倍の単価としてバランスがとられています。

これは地価の関係などから都心の高速道路の建設費用がきわめて高く、しかもドライバーが時間短縮などによって得られる利益がきわめて大きいことから実施されている措置です。

 
スポンサードリンク
 

東名高速の料金には、特殊な場合に通常の場合よりも割引をするサービスが設定されていることがあります。

平日朝夕割引は自動精算で通行する車両について、通勤の時間帯を中心に割引が行われる制度です。

利用にあたっては事前にマイレージサービスに登録しておく必要がありますが、利用回数に応じて30パーセントから50パーセントの還元が受けられる便利なメニューです。

ただし東京から厚木までなどの特定のインターチェンジ間における乗り降りは対象外となっています。

深夜割引は毎日深夜の0時から4時までに走行する場合に限って割引の対象になるもので、すべての車種で通常よりも30パーセント引きが適用されます。

休日割引も同様に土曜日や日曜日などの利用に限定して30パーセント割引となるものですが、こちらは普通車と軽自動車、二輪車などが対象です。

東名高速道路 サービスエリアについて

東名高速のすべてのルートを通じて6か所ほどのサービスエリアが設置されており、ここにはトイレや売店、レストランなどの施設が所在し、ドライバーが運転の疲れをとるための休憩ができるようになっています。

東名高速は特にわが国の高速道路の中でも交通量が多いことから、そのほかにもガソリンスタンドやコンビニエンスストア、コインランドリーなどの施設が併設されているところもあります。

全国的には珍しい試みですが、一部のサービスエリアにはハイウェイホテルとして敷地内に宿泊施設が開業しており、インターチェンジを降りることなくその場で宿泊ができます。

ほかにもハイウェイオアシスとして、一般道路沿いに開設されている商業施設を高速道路からでも利用できるようにしているものがあります。

東名高速 集中工事について

東名高速は日本の大動脈ともいえる太平洋ベルト地帯を結ぶ路線ですが、すでに開業から年数が経過しているため、定期的で適切なメンテナンスが不可欠となっています。

そのため集中工事として連続した期間と区間にわたる大規模な工事が実施されることがあります。

内容は舗装の打ち替えや橋梁部の防水施工、ガードレールなどの交通安全施設の交換などがメインです。

通常は交通への影響を考慮して夜間に実施されることが多く、事前に計画を立てているためホームページや新聞紙上などでのアナウンスがあります。

規模によって異なりますが、工事期間の通行止めをはじめとして、インターチェンジやパーキングエリアの閉鎖や車線規制などを伴うことがあります。
東名高速 交通情報→https://roadway.yahoo.co.jp/traffic/road/1031008/map

 
スポンサードリンク