新幹線 回数券 料金について

新幹線 回数券 料金について

新幹線の回数券は、通常価格よりも1枚あたりの単価が安く設定されているので、同じ区間を繰り返し往復するケースや家族で旅行する際に人数が多いほど活用出来ます。

安くなる料金の目安として10%以上となれば割安感が出ますが、区間によりお得度合いが異なる点に注意が必要です。

新幹線の回数券は、料金が安い代わりに途中下車が出来ないといった一定の制約があるので、使用可能なルールを良く知った上で利用しなければなりません。

購入可能な区間についても全区間で発行されているわけではなく、特別企画乗車券として販売されている区間に限定されます。

最終的に余らせてしまわないように使い切ることが重要となるので、枚数と金額を考えて購入を決めると良いです。

[kijinaka 112=””]

新幹線で使える特別企画乗車券として販売されている回数券は、金券ショップで売られている格安チケットと同じものです。

どうしても余ってしまった新幹線の回数券は、金券ショップへ持ち込むことで現金化出来ます。

乗車券と特急券が一体となったものとして2枚セットや20枚綴りといったタイプもありますが、最も多く発行されている新幹線回数券は6枚綴りです。

3人で旅行時に使用すれば往復で使い切る計算となりますが、2人の旅行では往復しても2枚余ることになりかねません。

割引率が低い新幹線回数券の区間では、金券ショップへ売却しても割に合わないことが出てしまいます。

同じ区間を繰り返し乗車している人にとって、新幹線回数券は料金が安いと実感出来るわけです。

新幹線 回数券 期間について

新幹線の回数券には、原則として3ヶ月の有効期間が定められています。

通年販売されているものの、回数券を使用できない期間が繁忙期に設定されているので事前に確認しておくと良いです。

ゴールデンウィーク・お盆休み・年末年始は新幹線の乗車率が100%を超えることが珍しくありません。

指定席の数を増やしても対応出来ないほど席が売れるので、長期休み時期は新幹線回数券による割引料金で乗車してもらう必要性がありません。

長期休みが有効期限3ヶ月に影響を及ぼす恐れがあるので、新幹線回数券購入時には使用できない日にちと有効期限を確認した上で購入しなければなりません。

新幹線の回数券を利用すれば、通常料金よりも安くなるので繁忙期には割引する必要自体がありません。

新幹線 回数券 使い方について

新幹線に乗車する必要が生じた時に、新幹線回数券を持っていてもJRの会員登録をしていれば会員割引を適用して普通に乗車した方が安上がりになることがあります。

新幹線回数券ならば全て通常料金よりも安いとは限らず、使い方次第では会員割引特典を使った方が安くなることもあるわけです。

JRでは往復割引やエクスプレス予約の制度が充実しているので、エクスプレス予約のIC早割を使えば、新幹線回数券の1枚あたりの価格よりも安くなることがあります。

新幹線回数券を購入した時点で、1枚あたりの単価を計算しておけば有効期限との兼ね合いを考えつつどのような使い方をすれば良いのか自然と分かってくるでしょう。

新幹線回数券は安くなると分かった時に使用すれば良いわけです。
新幹線 回数券→http://tickets.jr-odekake.net/shohindb/view/consumer/tokutoku/detail.html?shnId=117000207

[kijinaka 112=””]