スポンサードリンク

源泉所得税 計算について

源泉所得税 計算について

企業活動において、給与計算及び給与支給手続きは必ず必要になる事務処理の一つです。

これをシステム化して業務効率化を図っている企業も多数みられますが、給与計算をする担当者は、システムに頼る前に、手続き方法や仕組みについて自分の頭できちんと理解をしておく必要があります。

特に重要になるのが、源泉所得税の算出方法についてです。

従業員に給料を支払う際に、一定の利率で所得税を控除し、従業員の代わりに企業が税務署に税金を納める仕組みになっています。

企業側の義務として必ず行わなければならない処理の一つで、最低限適切に行わないと、税務署などから監査を受けた際に誤った処理を指摘されてしまう危険性がある事項になります。

 
スポンサードリンク
 

源泉所得税の計算は、日本国家が定めている制度にのっとって行われないといけません。

勝手な税率で処理をするのは誤りとなりますし、給与を支給したその都度源泉所得税の計算をして控除をしないといけません。

また、控除した源泉所得税は、源泉処理をしてから一カ月以内に納税をしないといけないという決まりもあります。

さらに、納税方法についてもあらかじめ国が定めた方式に基づいて行わないといけません。

所定の納税申告フォームに必要事項を記載し、所定の金融機関で納税額を納付する必要があります。

日本国で企業活動をする際には必ず必要になる事務処理ですから、担当者には信頼できる人材を置き、確実に行いたい分野の一つとされています。

源泉所得税 計算方法について

源泉所得税の計算方法は、きちんと国税庁により定められています。

毎年更新される部分もありますが、根本的な考え方は大きく変わることはありません。

収入金額に応じた税率が定められていて、収入に対してその税率を乗じることで算出される税額を控除することになります。

インターネットの国税庁ホームページや、源泉所得税の関連パンフレット、書籍などを参考にすると、源泉所得税の処理方法が分かり易く掲載されています。

あまり経験のない方でも分かり易くなっているような構成になっているので、一度参考にすることをお勧めします。

また、年度ごとの更新情報も公表の都度掲載されているので、普段事務処理をしている方も定期的にチェックすることをお勧めします。

源泉所得税額表について

源泉所得税の処理で控除すべき税額は、源泉所得税税額表を見ると分かり易いです。

収入の金額に応じて、税額が明記されているので、余計な計算をする必要がありません。

源泉所得税額表は、国税庁のホームページや各種書面の資料に掲載されています。

これも年度ごとに修正されることがありますので、常に最新の情報を入手しておく必要があります。

給与支給ごとに徴収した税額は、毎年年末調整を行なって最終計算をすることになります。

このときには、保険料控除や借入金控除などの様々な条件を加味して最終年度税額を算出し、毎月控除した金額との差引で年度最終支給給与などで調整されることになります。

年度の最中で扶養家族が増えたときなども年度末にまとめて調整することになります。
源泉所得税→https://www.nta.go.jp/zeimokubetsu/gensen.htm

 
スポンサードリンク