構内図について

構内図について

誰もが利用する電車ですが、ターミナル駅になると複数路線が乗り入れているためホームの構造も複雑になっています。

慣れている方は迷わずに行くことができますが、初めて利用する方などどこで降りると乗り換えに近いのか、どこにつながっているのかなどがわかりにくく迷ってしまいます。

すると乗り換えに時間が予想以上にかかってしまい遅刻するといったトラブルになってしまうケースもありますので構内図をチェックできると把握しやすくて安心です。

そんな声に答えて図やネット上で主要な駅の構内図を教えてくれるサイトが人気です。

乗り換えにも便利ですし、ホームや駅構内にあるお店などもチェックできるので買い物やちょっとした食事に参考にもなります。

[kijinaka 112=””]

構内図 東京駅について

日本を代表する駅が東京駅です。

新幹線や特急なども乗り入れているので大きな駅の1つで構造も複雑です。

多くは地上のホームですが京葉線のように少し歩く離れた場所にあるホームもありますし、地下鉄の大手町駅などのように一応違う駅名ですがつながっていて事実上乗り換えに利用する方の多い駅も存在します。

さらに降り口も多く存在するので違う場所から出てしまうだけでも全く違う場所に出てしまうので注意が必要です。

それを構内図を事前に見ることでイメージがつかめるので旅行などで利用する方でも安心して移動ができます。

比較的案内表示が親切な東京駅ですが、立体的に見ることができる構内図を活用すればさらに迷わずに動くことができます。

構内図 上野駅について

上野駅もまだまだ東京の玄関口として乗降客の多い大きな駅です。

特急電車もありますし地下鉄、在来線が複数乗り入れしているので場合によっては乗り換えに少し歩かなくてはならないケースもあります。

そんな時にどの出口から行くとスムーズにわかりやすいのか、時間がかからず近道なのかを知っておくと便利です。

特にラッシュ時などは人が多いので迷っていると人込みに飲まれてしまいますので、構内図を確認することでどこから乗り降りすると最もわかりやすくて迷わないのかを知っておくと人の波にうまく乗ることもできます。

上野駅は成田空港へのアクセスとしてもターミナル駅ですので、大きな荷物を抱えてうろうろするよりは構内図をうまく活用しておく方がよいでしょう。

構内図 品川駅について

品川駅も新幹線が止まる駅で、どんどん駅の中のショップなども増えている開発の進む駅です。

そのためホーム以外のものも多くあるので立ち寄りたいという方もいますし、シンプルな駅から複合型の駅に変貌しているので迷ってしまう方もいます。

また、JRと私鉄の乗り換え口などもあるので自分はどこを利用できるのかによって出口も異なってきます。

羽田空港へのアクセスにも便利なので構内図を把握しておくと短距離で乗り換えができます。

同じように多くの方でにぎわう新宿駅も複雑で、特に地下も入り組んでいるため初めての方にはわかりづらいでしょう。

地下鉄などはまとまっておらず移動が必要なので構内図をチェックすることで移動する方向がわかりやすくなります。
構内図→https://www.jorudan.co.jp/eki/kounaizu.html

[kijinaka 112=””]