スポンサードリンク

山陽新幹線時刻表について

山陽新幹線時刻表について

山陽新幹線時刻表の調べ方は複数あります。

一つは毎月書店で発売される本タイプの時刻表で確認する方法です。

これについては山陽新幹線だけでなく、全国の新幹線やJR在来線、私鉄、地下鉄、バスなどの情報も一緒に確認することが出来ますので非常に便利と言えるでしょう。

また、JRのターミナル駅などに行きますと、東海道山陽新幹線の身の列車を記載した小さな冊子型の時刻表を入手することが出来ます。

これに関しては無料でもらうことが出来ます。

また、その他ではネットで時刻表検索も可能です。

在来線乗り継ぎなどを行う場合はネットの場合は最速ルートや最安値ルートも検索出来るようになっていますのでこれも便利です。

JR西日本のホームページなどでも時刻表検索は出来ます。

 
スポンサードリンク
 

山陽新幹線は東海道新幹線と九州新幹線との一体運用で運行されています。

時刻表で始発ダイヤを確認してみますと、博多発の東京行きのぞみ号の始発は6時8分になっています。

これに乗りますと新大阪には8時38分、東京には11時13分に到着します。

また、逆に東京発の博多行きのぞみ号の発車時刻は6時ちょうどとなっています。

また、九州新幹線との連動では、新大阪発の鹿児島中央行きみずほ号の始発が6時で、これに乗ると鹿児島中央には9時46分に到着します。

山陽新幹線の正式な区間は新大阪から博多までですが、利用者は山陽新幹線単独でくくって考えるようなことはほとんどしません。

東海道新幹線や九州新幹線との一体で自分が載るダイヤの検討をすることが一般的です。

山陽新幹線 停車駅について

東海道山陽新幹線には、のぞみ号、ひかり号、こだま号の3つがあります。

こだま号は各駅停車で、のぞみ号とひかり号は停車しない駅があります。

停車駅は時間帯によって微妙に違いますが、オーソドックスなのぞみ号の山陽新幹線エリア内での停車駅を時刻表で確認してみますと、新大阪を発車した後、新神戸、岡山、広島、小倉、博多の順に停車します。

また、ひかり号は新大阪発の場合、のぞみ号が停車する駅に加えて姫路、福山、新山口などに停まります。

また、日中は東京発のひかり号が多く、これについては新大阪から岡山までは各駅に停車します。

尚、東京から博多までを全通するひかり号はのぞみ号の登場以降、現在のダイヤでは運行されていません。

山陽新幹線 料金について

山陽新幹線を利用する場合の料金の調べ方は、基本的に時刻表を調べる方法と同じです。

本タイプの時刻表には、「新幹線各駅間の運賃、特急料金早見表」が掲載されていて、自分が乗車する区間の値段が簡単に分かるようになっています。

のぞみ号はひかり号及びこだま号より若干値段が高くなりますので、これらも分けて表が記載されています。

また、ネット検索でも確認することが出来ます。

ネットの場合、例えば新大阪を始発駅にし、到着駅を広島駅にしますと、時刻検索と一緒に値段も表示されるようになっています。

また、在来線特急に乗り継ぐような場合も、乗り継ぎ分まで計算された一括の値段が出てきますのでスピーディーに確認することが出来ます。
山陽新幹線時刻表→http://ekikara.jp/newdata/line/2701011.htm

 
スポンサードリンク