スポンサードリンク

協会けんぽについて

協会けんぽ 傷病手当金について

協会けんぽは主に中小企業に勤めている人が持つ健康保険証を発行している健康保険組合のことを意味する言葉です。

健康保険を管理する団体は数多く存在しており、大企業の場合には独自の仕組みで健康保険の仕組みを管理していますが、中小企業の場合には独自に管理することが難しいため、協会けんぽに加入するのが一般的です。

保険証は病院に行くときに役立つのは勿論ですが、けがや病気で働けない時の保証に当たる傷病手当金についても対応してもらうことが出来ます。

その仕組みについて詳しく知っておくことはいざという時に大きな助けとなります。

傷病手当は申請して初めて有効になる制度ですので、その仕組みについて理解しておかなければなりません。

 
スポンサードリンク
 

協会けんぽ 高額療養費について

高額療養費制度は一定の金額を超えて治療費を支払った場合に申請することが出来る仕組みであり、大きな病気やけがで治療費が嵩んだ際の大きな助けとなるものです。

協会けんぽにもこの制度が存在していますので、必要に応じて上手に活用することが望まれます。

大病などで病院に入院したり、手術などを受ける場合には、一定の上限を超える分について健康保険の仕組みを使うことが出来ます。

治療の種類によっては到底支払うことの出来ない金額がかかる場合があるのですが、この高額療養費制度を使うことで過剰な負担を解消することが出来ます。

この仕組みによって命が救われることもありますので、必要に応じて病院職員などと相談をするのがお勧めです。

協会けんぽについて

協会けんぽは中小企業が加入する健康保険組合と言う要素がありますので極めて大きな加入者が存在しています。

そのため管理上全国の都道府県に支部を置いて、それぞれの地域での管理が行われているという仕組みになっています。

非常に多くの加入者が存在しているという点においては最大の健康保険組合であると言えます。

基本的に保険証は本社のある地域で作られることになりますので、現在生活をしている地域の支部の保険証になるとは限りません。

しかしながら原則としてどこの支部の保険証であったとしても全国の都道府県で同じように使用することが出来ます。

基本的に利用することが出来るサービスの種類には違いが無いと言える仕組みになっています。

協会けんぽ 東京支部や大阪について

協会けんぽは前述したように全国の都道府県に支部を置いて地域ごとに管理をしています。

原則として企業単位で発行していますので勤め先がどこであるのかによって健康保険の種類が決まります。

そのため東京支部の場合には東京に本店を置いている企業が中心となる仕組みになっています。

この仕組みは他の都道府県、例えば大阪に行っても変わりません。

大阪支部では府内の拠点を持つ企業の健康保険を管理しています。

中には出張所のような組織だけを持つ場合もありますので、必ずしも所属している都道府県の支部発行の保険証ではない場合もありますが、

保険証を利用する上で問題になるような要素は存在していませんので安心して生活することが出来ます。
協会けんぽ→https://www.kyoukaikenpo.or.jp/

 
スポンサードリンク