bingについて

bing 削除について

bingはマイクロソフト社の検索エンジンです。

以前はMSN サーチ、Windows Live サーチ、Live サーチと呼ばれていましたが2009年からサーチブランドとして立ちあげられました。

他の検索エンジンを使う機会が多いのでこれを削除したい場合がありますが、これがなかなかできなくて悩んでいる人も多いとされます。

windows10でこれを行うにはスタートボタンの右クリックでコントロールパネルを開き、次にネットワークとインターネットを開きます。

次に4項目ある中からブラウザのアドオン管理を開きます。

それからもう一度アドオンの管理をクリックします。

検索プロバイダーを選択するとbingがありこれを選んで削除ボタンを押します。

IEの場合はツールからインターネットオプションを開きます。

ホームページの設定を他のページに変えると完了します。

[kijinaka 112=””]

bing 翻訳について

bing 翻訳は2014年1月にWindowsストアから無償でダウンロードできるようになりました。

これは40ヶ国以上の言語に対応する専用アプリケーション・ソフトでテキストだけでなくカメラで撮影したテキストの場合も可能になっています。

テキストの読み上げにも対応し、言語パックを事前にダウンロードしておくとネットと接続されていない環境でもオフライン機能が使えるようになっています。

2016年4月にはAndroid向けのアプリがアップデートされ、画像認識の機能が追加されたことを発表しています。

音声やテキストの自動翻訳が可能なスマートフォン向けのアプリでAndroid向けに加えてiOS向けも提供されスマートウォッチと組み合わせて使うことも可能とされています。

bing 翻訳→https://www.bing.com/translator

bingについて

検索エンジンはbing以外にも何社かのものがありgoogleがよく知られています。

この2つは多くの面でほぼ同等の機能を持っています。

bingは意思決定エンジンと呼ばれていてページからテキストを探し出すだけでなく、現実世界の状況に合わせた検索結果を返すことができるとされています。

yahooにも使われ2つを合せると米国でのシェアは32.6%と言われています。

動画においてはbingのほうがgoogleよりかなり優れているという見方もあります。

googleは小さなサムネイルを縦に並べて見せてくれるのに対してbingのそれは大きなサムネイルをグリッド状に並べて見せてくれるので見やすいと言えます。

さらに他のページへ飛ぶことなくbing上で再生することができるという特徴を持っています。
bing→https://www.bing.com/

bing 地図について

bing 地図は2009年にマイクロソフト社がリリースした地図検索サービスのことです。

画面の左上にリンク表示がありこれをクリックします。

これはIEやFirefox、Chrome、Safariなど多くのブラウザに対応していて住所や店舗、駅など交通機関を探す場合に重宝します。

まずBing Maps AJAX Controlを利用します。

scriptタグを使用してJavaScriptのライブラリとしてロードし、Microsoft.Maps.Mapオブジェクトを生成してオプション属性を付けるとMAP表示ができるようになります。

ファイルをブラウザで実行するとバーズアイで鳥観図として表示され、方角も東西南北を調整できますので拡大縮小も可能です。
bing 地図→https://map.ultra-zone.net/b/

[kijinaka 112=””]