スポンサードリンク

雨雲レーダーについて

雨雲レーダーについて

日本は天気予報の精度も優れていて数時間ごとの予報もかなりあたりますので、天気予報だけでも十分に役立つ情報になっていますし判断材料として活用できます。

しかし、さらにピンポイントの情報が欲しい、雨の降り具合を具体的に知りたい、どこまで雨雲が迫っているのかなどより具体的な雨の情報を知るには雨雲レーダーを利用するのが最適です。

雨雲レーダーは雨を降らせる雲がどのあたりにあるのか、これからどう動くのか、さらにはその雨の強さなども知ることができます。

また、5分毎など先の動きも再現できるので、あとどのくらいで雨が落ち着くのか、逆に雨雲が来てしまうのかなどもわかるので様々なことに役立ちますし、ゲリラ豪雨を避けるのにも使えます。

 
スポンサードリンク
 

雨雲レーダーについて(関東)

雨雲レーダーはその場所その場所で予報を細かく見ることができます。

例えば東京だけで限って動きをチェックすることもできますし、同じ時間帯の神奈川や千葉の情報も調べることができますので、自宅の今の状況、出先の情報など一括してみることもできます。

さらに東京と言ってももっと細かく指定して雨雲の動きを見ることもできます。

区や町単位でチェックすることもできるので仕事で外出しているとき、出かけているときなどの移動中の雨雲の動きもわかります。

また、待った方が止むのかなどの判断材料としても活用できますし、突然の雨を避けることにも役立ちますのですぐに調べられるようにしておくといざというときに便利です。

関東地方でもさらに細かくチェックできます。

雨雲レーダーについて(関西)

関西地方でも地域ごとに細かくチェックできるのでそれぞれの地域の特徴的な気候でも対応できます。

大阪などは地域によって指定して雨雲の様子をチェックできるので、買い物や仕事途中でも雨に濡れるのを避けることができます。

また、兵庫は瀬戸内海側と日本海側など広いだけに気候も全く異なります。

天気予報だけでは大まかな情報になってしまうので、ピンポイントの地域の天気まではカバーできません。

しかし、雨雲レーダーを使えば山沿いの変わりやすい天気もわかりますし、それぞれの地域での予報が正確にわかります。

京都も盆地や山のそばで雨の降りやすさは異なってきますので、雨雲レーダーを利用してどのくらい雨なのかを知ることが簡単にできます。

雨雲レーダーについて(沖縄)

沖縄県は四方を海に囲まれ温度も高いだけににわか雨も多いのが特長です。

晴れているのに急に雨が降る、夏などはシャワーのような雨が突然降ることも珍しくありません。

その一方で一時的な雨も多く、少し待てば回復する天気も多いです。

本降りなのか急なにわか雨なのかを見極めるためにも雨雲の動きや大きさなどで判断することが有効なのです。

雨雲レーダーを見れば突発的な雨なのか、長く振る本降りなのかもわかりますので慌てることがありません。

また、急な雨が近づいていることも察知できるのでどこか雨宿りできる場所を見つけておくこともできます。

沖縄ならではの雨の特徴もうまくカバーして予想できるのが雨雲レーダーの強みでもあります。
雨雲レーダー→https://weather.yahoo.co.jp/weather/zoomradar/

 
スポンサードリンク