スポンサードリンク

インテルcpuの性能を比較しました!

インテルcpuの性能を比較!

CPUはCentral Processing Unitの略で中央処理装置と訳されコンピュータ上で処理を行う装置のことを言います。

パソコンには必ず搭載されていてマウスやキーボードをはじめとする周辺機器からデータを受け取って制御や演算などを行います。

このCPUによってパソコンの性能、さらには価格も決まるといって良いものです。

これを製造しているメーカーにはインテルとAMDが知られていてどちらも米国の会社で、パソコンのマザーボードのソケットにこれが入っています。

インテルcpuの比較では多くのラインアップがありスペック表の数値を比較しただけでは選択するのに迷ってしまいますが1つはベンチマークを比べる方法があります。

 
スポンサードリンク
 

インテルcpuの性能ではコアi9の7900番台から7700番台に向かって数値が小さくなるほどベンチマークが遅くなります。

コアi7では6950番台から6700番台に向かってベンチマークは遅くなります。

コアi5では8600番台から6400番台に向かって遅くなります。

コアi3では4C4Tの4-4から2C4Tに向かってベンチマークは遅くなります。

PentiumではG4620からG4400にかけて僅かながらベンチマークが遅くなります。

セレロンではG3950からG3900にかけては余りその差が見られません。

cpuの一覧では消費電力やワットパフォーマンスについては最新の速度が速いものほど大きくなっている傾向が見られるようです。

インテルcpu 性能一覧について!

インテルcpuの性能一覧では最新のものがベンチマークが大きく、消費電力もそれに伴って正比例しているようです。

ワットパフォーマンスについては一定しているわけではなく、又、比例しているということも見られません。

ただ価格についてはコアi9からコアi7にかけては一部を除いて高価格になっているようです。

コストパフォーマンスではセレロンやPentiumといったCPUは過去のにコストパフォーマンスの良かった時期もありました。

しかし最新のものは価格が高くて思うような成果が出ていないと言えそうです。

トータル電力は最新式のものは電力を多く喰らい、ずっと以前のセレロンの時代に比較すると5倍近くになっていることが見てとれます。

最新型のcpuは値段は高いことが一覧表から見てとれます。

そしてXeonは企業向けの高価格のもの、Core i7 は高機能で高い値段のついたもの、Core i5は一般向けの高機能のもの、Core 2 Quadはi7の前に主流だったタイプ、

Core i3は値段も性能も標準タイプ、Core 2 Duoはi5とQuad の前に主流であったタイプです。

そしてPentiumはi3より低機能で安い値段のもの、Celeronはかなり機能を抑えた廉価版のタイプ、Atomは性能と消費電力が最も低いタイプとされています。

cpuは日々改良されて進化を続けていますので従って現在主流とされるものは過去のものを改良したものととらえることも出来ます。

番号によって世代分けされていることも知っておくと良いものです。
インテル(Intel)CPU性能比較→http://www.dospara.co.jp/5info/cts_lp_intel_cpu

 
スポンサードリンク