スポンサードリンク

国民年金保険料について

国民年金保険料 平成29年度について

国民年金保険料は、年度にあわせてその都度変更されていますが、平成29年度についても、国民年金の第1号被保険者、および任意加入被保険者の1か月当たりの保険料は、

前年度の16260円よりも若干引き上げられて、月額16490円として決定されています。

なお、これは毎月の期限にあわせて支払う場合のベースとなる保険料の金額ですので、まとめて前払いをする場合には、その期間や方法に応じた割引が適用され、金額が異なってきます。

たとえば、銀行からの口座振替によって2年間分を前納する場合は割引率が最大となるため、ベースとなる金額と比較すると、2年間で15640円の割引となっています。

保険料を支払った場合には、日本年金機構から自宅に宛てて控除証明書が郵送され、所得税の控除が受けられます。

 
スポンサードリンク
 

国民年金保険料、金額について

加入者が毎年度に保険料として支払わなければならない実際の金額ですが、現在は平成16年の改正で決まった保険料額をもとにして、この間の物価や賃金の伸びに合わせて、調整をした上で決定されることになっています。

平成16年の制度改正を基準とすると、平成29年度までは、平均して毎年度280円ずつ 引き上げられる見通しによって計算されてきました。

制度改正時の見通しによれば、物価などの諸条件に照らして、平成29年度で保険料の金額は頭打ちとなるため、平成30年度以降は、この水準によって固定されることになっています。

ただし、これらは国民年金法と呼ばれる法律にもとづくため、国会での審議の経過によっては見直しもあり得ます。

国民年金保険料、免除について

国民年金の第1号被保険者は、毎月定められた国民年金保険料を期限までに納付する義務があります。

しかし、収入の減少や失業などによって、国民年金保険料を期限までに納付することが経済的に難しい場合には、保険料免除と呼ばれる制度も設けられています。

保険料免除になった場合には、その部分の保険料は支払う必要がなくなり、将来的な年金の受給資格期間にも算入されます。

そのかわり、年金額を計算するにあたって、正規に保険料を納めた場合に比べて、年金額が原則として2分の1になります。

なお、国民年金に加入する学生の場合には、学生納付特例制度と呼ばれる別の制度が存在しています。

これは、本人の所得が一定以下の場合に、在学中の保険料の納付を猶予する制度です。

国民年金保険料、いつまで?

国民年金に加入していた人は、将来的に老齢基礎年金を受け取ることができます。

しかし、その年金額を計算するにあたって、過去に保険料免除や猶予を受けていた期間があるときには、保険料を全額納付した場合と比較して、年金額が2分の1などの低い金額にとどまってしまいます。

こうした不利益を回避するために、保険料免除や猶予を受けていた期間の保険料については、追納といって、後からその分を納付することにより、老齢基礎年金の年金額を増やすことができる仕組みがあります。

追納をしたい場合には、事前に国民年金保険料追納申込書を年金事務所に提出する必要があります。

この追納がいつまで可能かについてですが、追納が承認された月を基準にして、その前10年以内にあたる免除や猶予の期間分に限られます。
国民年金保険料→http://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/hokenryo/20150313-02.html

 
スポンサードリンク