大学偏差値 2017について

大学偏差値 2017について

2017年の大学偏差値の特徴は、医学部系の大学が上位に来ていることです。

医学部系だったら、国公立と私立を問わずに、偏差値ランキングの上位に来ています。

上位20校のうちのおよそ9校は、医学部系の大学です。

上位に来ている大学には、他の特徴もあります。

昔から有名で、人気のある大学が上位を占めています。

この傾向は、昔とそう変わっていません。

文系の大学についてみると、外国語系の大学が上に来ています。

この傾向は現代社会がグローバル化していることと、関係があります。

英語を会社の仕事で使う機会も多いので、外国語を学べる学校に人気が集まっており、偏差値も高くなっています。

外国語系の大学は、私立よりも国公立が多いです。

[kijinaka 112=””]

偏差値はその大学を目指す時の重要な指針になります。

模擬試験を受けた時に、自分の偏差値を知ることができます。

重要なことが1つあって、できるだけ実際の大学の難易度に合った偏差値を参考にする必要があります。

模擬試験によっては、高い偏差値が出ることがあります。

それが高いと嬉しいですが、極端に高いものは用心しましょう。

実際の大学の難しさに一致していないこともあります。

医学部のような難しい各部を受ける時は、複数の模擬試験を受けて、その中で偏差値が一番低いところを参照にしましょう。

低いのはショックですが、良い発奮材料になります。

それによって、勉強を頑張るようにすれば、希望の大学に合格できる可能性が高まります。

大学偏差値 ランキングについて

模擬試験の大学偏差値が低いからと言って、悲観することはありません。

自分の頑張り次第で、それを上げられます。

1年ぐらいの時間があれば、偏差値を10程度上げることは難しくありません。

もっと上げることに成功した人もいます。

例えば、偏差値が40台で奮起して勉強して、偏差値ランキング上位の医学部に合格した人もいます。

ただし、大学入試は出題の範囲が広いので、時間をかけて勉強する必要があります。

3ヶ月程度で偏差値が上がることは少ないです。

もし自力で勉強するのが難しい場合は、塾や予備校に通う方法もあります。

現在は現役生も通える予備校が増えています。

集団の授業だけではなく、個別指導の授業を行っているところもあります。

マンツーマンの指導だったら、偏差値を上げやすいです。

大学偏差値 河合塾、ベネッセについて

ベネッセと河合塾の模擬試験による大学偏差値はよく使われています。

特に前者の偏差値は、馴染みのある人が多いでしょう。

この模擬模擬試験は、全国的に行われているからです。

ベネッセの偏差値は高いことで知られています。

ある程度参考になりますが、こればかりに頼るのは禁物です。

多くの人が受験するので、高い偏差値が出ると言われています。

難関の大学を受ける人だったら、他の会社の模擬試験も受けてみる必要があります。

一般に河合塾のものは低いと言われています。

低い結果が出たら、落胆せずにそれを伸ばすことが必要です。

模擬試験で自分の弱いところを把握するのは大切です。

把握して、それを改善するように努力すれば、本番で良い結果を出せます。
大学偏差値→https://manabi.benesse.ne.jp/ap/daigaku/search/nanido/

[kijinaka 112=””]