スポンサードリンク

タウンページについて

タウンページ、個人、住所、電話番号について

タウンページは、個人で扱ううえで問題ない程度の住所と電話番号などの情報が掲載されており、電話ボックスが多く普及していた時代には、

そのボックスの中にそのエリア近くに住んでいる人のある程度の情報を知ることが可能な便利なツールとして多くありました。

また、タウンページは携帯電話などが普及していないあるいは普及している割合が少ないときの、外から相手方に電話をかけるうえで欠かせないもので、

また初めて訪れる場所や個人宅に向かうために必要な住所を再確認するためにも用いられたツールです。

現在は電話ボックスが全国的に少なくなっており、同時にこのツールが私用で利用されることも少なくなってきたというものとされています。

 
スポンサードリンク
 

タウンページは主に普及されているのは多くの国で発行されているイエローページと呼ばれるものに則っていましたが、

2014年からはリニューアルされたタウンページが国内で発行されるようになりました。

また、現在のインターネットとスマートフォンの普及によって、電話ボックス内のタウンページが利用される頻度が少なくなった一方で、

タウンページを発行しているキャリアのホームページに記載されている同程度の情報をもつインターネット版のタウンページが多く利用されるようになりました。

このインターネットタウンページには主に二種類あり、インターネットでの閲覧を基本としたものと、紙媒体のものをそのままダウンロードできるものがあります。

タウンページについて

タウンページの配布方法としては、すべてのntt東西契約者の加入地域に対応したものが配られることになります。

同一の都道府県内のものが一冊無料で、他の地域のものを有料で購入することもでき、他の電気通信会社加入者であっても有料で購入することができるようになっています。

また、全国のタウンページは基本的に図書館などの公共機関で閲覧できるようになっており、その公共機関が提供しているインターネットページのなかにあるライブラリーからも閲覧が可能になっています。

そのため、携帯電話のバッテリーが切れてしまったときなどには近場の図書館などの公共機関を利用することで、

目的地の住所や電話番号などの情報を再確認することができます。

タウンページは基本的にntt電気通信会社加入者及びその他の通信会社加入者に向けて無料、あるいは有料で配布されています。

掲載されている情報は企業や公共機関の電話番号や住所などですが、同時にその地域に住んでいる個人の情報も掲載されています。

日本では、電話加入者が申し出ることによって、通信事業者や電話帳会社などで運用されているタウンページの電話帳に電話番号などを記入しないよう要請することが可能となっています。

これは、昨今の個人情報保護のための一環として提供されているサービスで、詳しい住所などを第三者に閲覧されたくないという人は、申し出によって情報を削除することが可能です。

また、番号案内のみとすることもできるようになっています。
タウンページ→https://itp.ne.jp/?rf=1

 
スポンサードリンク