スポンサードリンク

jr運賃について

jr運賃、往復について

jr運賃は往復で切符を購入すると、片道の切符をそれぞれ購入するよりも安くなります。

詳しく説明すると、片道の距離が601キロ以上であれば1割の割引を受けることができますし、さらに、高校生や大学生などの学生であれば、

学割を利用し併用することで2割の割引を受けることができます。

なぜこのような割引を受けることができるのか疑問に感じる方もいますが、jrの切符を事前に購入しているとそれらのデータを利用して、

混雑を予想することができて、スタッフの人員配置を事前に行うことができるようになります。

そのため、jrの切符を購入して利用する側だけではなく、jrにとってもメリットがあるので、割引のサービスがあるのです。

 
スポンサードリンク
 

jr運賃、計算について

このとき、jr運賃は距離によって計算されています。

ほかの方法としては、すべての区間で料金を一律にするといった方法があります。

ただし、この方法では北海道から博多までの移動と、東京から埼玉までの移動と比較すると、かかる時間はもちろんのこと、かかってくる費用も大きく異なり、

最適な価格をなかなか出しにくいといったことにより、この方法は断念しました。

それ以外も駅の数で料金を増していくといった方法もあったのですが、エリアによって駅が密集しているところと、

そうでないところがあって不公平になっているといった事情がありました。

これらの議論をもとにして、jr運賃の計算の仕方は距離で行うといった結論に最終的には至ったのです。

jr、電車運賃について

さて、jrの電車の運賃を果たして誰が最終的に決めているのかといったことも、誰もが心の中で気になっている方も多いはずです。

料金はjrの社長がもちろん独断で決めているわけではありませんし、社内の会議で決めているといったものではありません。

実は、最終的には国土交通省が決めているのです。

なぜかと言いますと、これは運賃を少しあげるとなると、毎日の通勤費に影響を及ぼすこととなり、企業の負担が増えるといったことになるためです。

そのため、たかが10円の上げ幅であろうと、日本全国の企業を総じてみると負担は大きなものとなり、日本の経済に大打撃を与えてしまうこととなるため、最終的には政府が決めることとなっているのです。

西日本、jr、運賃について

最後に、jr西日本の運賃についてですが、実は東日本にはない取り組むを行なっているところがあります。

例えば、先にあげた往復での割引や学生での割引はもちろんのことですが、ある一定の歳をいった方向けにシニア割引の適用を受けることができたり、

「こだま」だけなどある指定の新幹線などの列車を利用したときに受けることができるような割引があったりもします。

これはjr西日本が商売の街である関西を中心にしていることで、経済を活性化させるための案として、いろいろと、このようなアイデアが出てくるようになったのです。

景気は西からといった言葉もあると通り、日本全体を元気にするため、社会インフラから応援しようとしているのです。

 
スポンサードリンク