スポンサードリンク

gメールについて

gメールアドレスの作り方について

gメールアドレスの作り方は、最初にはグーグルのアカウントを取得することから開始します。

アカウント作成のページに移動すると、手続き作業に移行します。

名前と性を同時に入力しますが、これがアカウント名になるので重要です。

続いて入力するユーザー名は、メールアドレスの一部になりますから、こちらも慎重に選ぶことが大切です。

次にはパスワードを選ぶわけですが、なるべくは複雑な状態にしたほうが安心です。

性別は回答しない選択を選ぶこともできますが、必須項目を省くことはできません。

全ての入力手続きが終わると、グーグルアカウントも作成されますから、この段階でgメールが使える状態になります。

グーグルのメニューからgメールの項目に進み、実際に使えることが確認できれば作業は完了します。

 
スポンサードリンク
 

gメールの設定方法について

gメールの設定方法は、受信トレイの右上にある歯車マークをクリックして行うのが基本です。

ここから設定の項目に進むと、詳細な設定を行うことができます。

最初には、日本語や英語などの表示言語を選びます。

表示件数については、100件までにすることができますが、50件にすると見やすいです。

書式のスタイルも設定することが可能で、好きなフォントに対応すると楽しみが広がります。

設定は受信メールを閲覧する段階でも行うことができます。

メールを表示した段階で、その他の項目からメールの自動振り分け設定の画面に進みます。

次には受信するメールアドレスやキーワードを選択すると、多数のメールを簡単に分けられるようになるので便利です。

gメールの使い方について

gメールの画面を開くと、受信トレイには未読のメールが表示されます。

あまり重要ではないメールは、自動振り分け設定で既読にしておきます。

大量のメールが受信箱にあると混乱しますから、保存用のフォルダも用意してみてください。

自動振り分け設定には、フォルダごとにメールを移す機能もあります。

メールを作るときには、最初に作成の項目をクリックします。

そうすると、新規メッセージの項目が表示されますから、ここに宛先となるメールアドレスと件名を記入して、本文も同時に入力していきます。

メール作成画面では写真やファイルを添付することも可能ですから、用途の幅は広くなっているようです。

送信の部分をクリックすれば完了しますが、一度で書けない場合には下書き保存をする使い方も選べます。

gメール、アカウントについて

gメールのアカウントは、単純にメールを送受信するだけが魅力ではありません。

グーグルアカウントで構成されていることもあり、パソコンやスマートフォンがあれば、世界中で使えるようになります。

グーグルのページを開くと、ここにはgメールがグーグルマップなどのツールと一緒に表示されていることも分かります。

このため、旅行やビジネスをはじめとして、あらゆる目的で使っても利便性を感じやすくなります。

年会費や手数料などは必要なく、基本的には無料で利用できるのも特徴です。

通信費は別々に必要ですが、メールを見るだけであれば、全く気にならないレベルの通信量です。

ビジネスで利用する人のために、独自ドメインを利用できるサービスも提供されているため、アドレスを個性的な内容にすることも可能です。
gメール→https://accounts.google.com/SignUp?hl=ja

 
スポンサードリンク