スポンサードリンク

全日空について

全日空の運行状況について

飛行機の運行状況は利用する方にとっては常に知っておきたい重要事項です。

レジャーで利用する場合はもし家校や遅延があれば現地のツアーに影響が出てしまいます。

また、深刻な影響を受けてしまうのはレジャーでの利用をされている方よりもビジネスでの利用を予定されていた方でしょう。

ビジネスの場合は商談や会議を現地で行うために利用をするケースが多いので、約束の時間に到着出来ないというのは信用問題に繋がってしまいます。

特にビジネスマンの方は自分が搭乗する予定の飛行機の運行状況に関しては把握しておくようにしましょう。

全日空を利用する場合、事前に会員登録をしているとフライトに乱れが生じた際にメールアドレスへお知らせが届くように設定出来るなど、便利な機能が使えます。

またHPから国内線、国際線の運行状況も確認出来ますので併せてご確認下さい。

 
スポンサードリンク
 

ana、全日空ホームページについて

全日空のホームページでは、出来ることが多くあります。

まず、当然のことながら航空券を購入することが出来ます。

購入出来る航空券も種類が多くありますので、自分の利用目的に応じて購入することが出来ます。

例えば、事前に搭乗をする日程が決まっている場合は早めに予約をするとanaを利用する場合「早割」という券種を利用することが出来ます。

早割はホームページから購入出来、早く予約すればするほどお得な航空券の種類になります。

しかし、予約の変更が出来ないという制約があります。

ビジネスマンの方など、アポイントメントの変更がよくある方はビジネスリピートという券種で発券すると予約の変更を手数料なしで行うことが出来ますのでとても便利です。

安く購入したい場合は、必ずチェックをしておいた方がよいでしょう!

全日空の予約センター(電話番号)について

全日空のホームページを利用出来ない方もいらっしゃいます。

例えばインターネットの環境がない方はホームページを閲覧することが出来ません。

自宅にインターネット回線がない方もいらっしゃいますし、スマートフォンを使っていない方もまだまだ多い日本ですので、インターネットを使わずに航空券の予約をするには全日空の予約センターに電話をする必要があります。

予約センターの電話番号は0570-029-767になりますが、毎日多くの飛行機が運行していますので、予約を探すにも時間がかかってしまうことがあります。

マイレージクラブの会員になっている方は会員番号と名前を伝えるだけで比較的早く予約済みの航空券を探すことが出来ますので、会員の方はお手元に会員番号を持って電話すると良いでしょう。

全日空、予約キャンセルについて

全日空も含めて、多くの航空会社では予約をしたフライトが出発をした後では払い戻しを行うことが出来なかったり、搭乗予定の便の変更を行うことが出来ない場合が一般的ですので、予定の変更が決まった段階で早めに便の変更やキャンセルを行うようにしましょう。

全日空の場合、搭乗予定のお客様側の都合でキャンセルを行う場合でも、急な病気などでどうしても出発出来なかった場合は医師の診断書を提出すれば払い戻しにかかる手数料などの料金を徴収しない方針をとっています。

もしも体調不良で搭乗出来なかった場合は予約センターに電話をして払い戻しに料金がかかるのかどうかを確認するようにしましょう。

航空券は高い買い物ですので、航空会社に問い合わせてみることは大切です。
全日空 変更/払い戻しについて→https://www.ana.co.jp/ja/jp/book-plan/refund/

 
スポンサードリンク