スポンサードリンク

pasmoについて

pasmoとsuicaの違いについて

関東圏において、交通系ICカードと言えば、pasmoとsuicaがあります。

pasmoとsuicaの違いは、発行している会社にあります。

Suicaは東日本が発行するICカードで、pasmoは私鉄が発行しています。

相互利用が可能ですが、JR東日本の路線の定期券は、Suicaでしか買うことができず、私鉄の定期券はpasmoでしか買うことができません。

また、suicaはモバイルに対応していて、携帯電話で利用履歴や残高照会をすることができますが、pasmoにはモバイル機能はありません。

そして、pasmoには乗車ポイントというポイント制度がありますが、suicaには乗車することでもらえるポイントはないという違いがあります。

 
スポンサードリンク
 

pasmoとsuicaの違いは他にもあります。

pasmoには、小児用や定期券などをかざすと駅に入場したというメールが届くサービスがあります。

すべての路線で扱っているわけではありませんが、防犯への意識がたまります。

それぞれに、クレジット機能のついたカードも多く発行されていますが、suicaの場合はデパートや航空会社、家電量販と提携しているカードが多く、pasmoは交通事業者と提携しています。

クレジットカードのポイントを貯める場合は、自分が良く利用する店舗と提携しているところを選ぶといいでしょう。

suicaには乗車ポイントはありませんが、対象店舗で電子マネーの購入によりポイントが獲得できるケースもあります。

pasmo、オートチャージ設定について

pasmoでは、入場時改札にタッチする際に残額が2000円以下だと自動的に3000円がチャージされるという、オートチャージという機能があります。

この数字は初期設定ですが、自分でチャージする条件や金額は変更することができます。

例えば、1000円以下になったらチャージするというように、チャージする際の金額を変えることもできますし、5000円チャージするというように、金額も変えることができます。

それぞれの金額は、1000~10000円の間で、決めることができるので、ライフスタイルや利用する金額に応じて決めましょう。

指定された範囲の駅であれば、どこでも金額を変えることができるので、都合に合わせて選ぶようにしましょう。

pasmo、乗車履歴について

pasmoの乗車履歴は、券売機を利用することで確認できます。

券売機にカードを入れると、履歴表示という項目があります。

そこをタッチすると、画面に最新の20件の履歴が表示されます。

印刷したい場合は、印字というところをタッチすれば、20件分の履歴が印刷できます。

鉄道事業者によっては、直近26週間以内の最新100件分の確認と印字ができます。

ただ、全国で相互利用されている交通機関の乗車した際には、駅名は表示されず、事業者名が印字されるので注意しましょう。

定期券の区間で乗り降りした記録についても履歴は表示されません。

電子マネーで購入した際も、くわし品物の名前ではなく、物販という扱いになり、店舗名などの記載もありません。
履歴確認方法→https://www.pasmo.co.jp/use/history.html

 
スポンサードリンク