スポンサードリンク

圏央道について

圏央道の地図について

圏央道は東京の都心から八王子や茨城などへ向かう車が利用する道路で、比較的新しい地図を使わないと正確な道がわからない場合もあります。

旅行などの時のカーナビでもデータの更新ができていないと正確な道がわかりにくくなります。

都心から半径60キロ圏内にある道路ですが、通行料がかかるので、トラックなどは遠回りすることもあります。

圏央道を使うことで郊外の都市にでかけやすくなり、渋滞もある程度緩和されているのですが、曜日や時間帯によっては非常に渋滞するので、利便性の良い地域と悪い地域があります。

今後も整備が続くとされていますが、オリンピックに間に合うかどうかは未定となっています。

この道路は輸送路としても重要な役割をになっています。

 
スポンサードリンク
 

圏央道、地図マップについて

圏央道は地図マップが新しくないとカーナビが案内してくれないこともあります。

更新できるタイプの製品ならば、お店で新しいデータにすることができますが、通常は古いままで使い続けることになります。

地図を見て車を走らすことが少なくなっていますが、カーナビもスマートフォンに代わりつつあるので、今後はナビゲーションシステムのバリエーションが増える可能性もあります。

現在でもコンビニや駐車場の位置を簡単に検索できたり、レストランなどの情報を得ることができますが、スマートフォンのような革新性がないので、

据え付けタイプのナビゲーションシステムに関してはユーザーのニーズを取り込んでいかないと、将来的に厳しいかもしれません。

圏央道、開通予定について

圏央道全線通行が可能だと思われていますが、実は開通予定の部分も残されていて、オリンピックまでに間に合わせる予定になっています。

都心と地方都市を結ぶ重要な交通路でもあるので、行政がしっかりと機能していないと交通システムの利便性の部分で問題が起きる可能性もあります。

旅行や仕事で誰もが利用している道路ですが、渋滞が問題化しています。

渋滞というのは時間のムダでもあるので、海外からの旅行客などの不評を買うことも覚悟しなければなりません。

とくに世界的なイベントでもあるオリンピックは、日本の交通システムを売り込むチャンスでもあるので、間に合わないということがあると日本のインフラ事業の評判を落とすことも考えられます。

圏央道、料金表について

圏央道の料金表は車の大きさとETCの有無で金額が変わっています。

基本的には1500円から2000円くらいで目的地まで行くことができますが、金額が高いので、圏央道を使わずに一般道で輸送をするトラックも見受けられます。

時間かお金かの問題ですが、未完成な上に渋滞もするので、メリットは失われつつあります。

湾岸の地域と内陸の地域を結ぶ大切な道路ですが、様々な選択肢があるので、お金を重視する輸送業者の多くがこの道路を使わずに一般道を利用します。

ETC割引は渋滞の緩和のために行われていますが、もともと金額が高いので、あまり有り難みはありません。

輸送業者のコストが高くなることで、東京の物価も高止まりしています。

 
スポンサードリンク