スポンサードリンク

グーグルマップについて

最新のグーグルマップについて

最新のグーグルマップには、利用者が追加した場所が掲載されていることもあり、情報量がとても豊富になっています。

名所旧跡やグルメスポットはもちろんですが、マニアックな場所まで含まれているのが特色です。

中には地名や施設名が間違っている箇所もあるため、情報の修正を提案する機能が付加されています。

スマートフォンのGPS機能を連動させておけば、タイムラインの表示が使えるようになります。

この機能を常に利用していると、ドライブやサイクリングで辿ったルートが正確に記録されるので便利です。

移動距離も記録されるため、後から最短ルートを検索する際にも役立ちます。

タイムラインにも誤差が生じることがありますが、後から訪れた場所や移動手段を修正できるので大丈夫です。

 
スポンサードリンク
 

最新のグーグルマップでは、ストリートビューの機能が使えることも特徴だと思っています。

これは実際に街中の様子を撮影した写真が組み込まれたもので、平面的になりがちな地図情報を立体的に把握するために役立ちます。

旅行で初めて行く場所の様子を確かめるために、ストリートビューの機能を活用していますが、このおかげで道に迷うことがほとんどなくなりました。

最新のグーグルマップには、写真や口コミの投稿機能もありますから、SNSのような要素も含まれていることになります。

名所で撮影した写真を投稿し、同時に口コミを入力すると、マップ全体の高品質化につながる仕組みです。

投稿数などが多くなるごとにローカルガイドのレベルが上昇し、特典が得られるようになるのも魅力です。

グーグルマップについて

グーグルマップは基本的に無料で提供されており、手数料も含めて余計な出費を出さずに利用できます。

インターネットなどの通信料は別になりますが、タイムラインを計測していても、極端に浪費したことはありません。

紙の地図を購入することを考えれば、非常にお得になることは間違いありません。

ドライブをしている人が利用すれば、最短ルートの選定によって燃費が安くなるメリットを得られます。

サイクリングをしている人が利用する場合には、移動距離を計算して消費カロリーを把握できるのですから便利です。

現在地を把握させる機能も連動させておくと、スマホからグーグルマップを開いた段階で、最寄り駅の鉄道情報も表示されますが、これも無料で利用できるので助かっています。

グーグルマップ地図、住所について

場所が分からない場所があるときには、グーグルマップに住所を入力して検索するだけで、地図に目的地が表示されます。

スマホで使う場合には、現在地から指定した場所までの距離も表示されるので便利です。

この機能があれば、旅行やビジネスで移動する際にも強い味方になると思います。

検索機能で便利だと考えられるのは、区域ごとに色を分けて表示することです。

例えば、東京の世田谷区だけを検索すると、その範囲が赤色で表示されて、範囲がすぐに分かります。

愛媛県の住所で検索すると、瀬戸内海沿いの島も含めて明瞭に色分けされるため、船舶を利用する人にとっても便利ではないでしょうか。

同じ地名が全国に多数ある場合でも、候補となる場所が同時に表示されるために迷うことがありません。
グーグルマップ→https://www.google.co.jp/maps

 
スポンサードリンク