スポンサードリンク

日経225について

日経225、銘柄一覧について

日経225とは、日本を代表する225社の株価の平均値を加工処理して表した指数で、別名、日経平均と呼ばれています。

これは、日本経済新聞社が公表しており、株式市場だけでなく日本全体の経済の状態を表す株価指数として使われています。

日経平均が上がれば、主要銘柄の株価が上げっていることを意味しており、日本経済の景気が良くなっているということを表しています。

逆に、日経平均が下がっていれば、主要銘柄の株価が下がっていることを意味し景気が下降傾向にあることを表しています。

日経225の構成銘柄については、銘柄一覧を確認することで分かります。

銘柄一覧については、インターネット上で公開されているので誰でも分かるようになっています。

 
スポンサードリンク
 

日経225の銘柄一覧には、様々な業種の銘柄が登録されています。

業種としては、自動車や電気機器、銀行や医薬品、運輸や通信等様々な業種が登録されています。

それぞれの業種での日経平均騰落寄与度ヒートマップというのがインターネット上で公開されているので、日本経済をそれぞれの業種に絞って分析したい場合は、そちらを参考にすることをおすすめします。

なぜなら、日経225は、全業種を対象にしているので平均的に日本経済の状態をとらえるのには向いているのですが、業種毎の景気の状況については分かりづらいのが現状だからです。

株式の分析をして投資銘柄を選ぶ際には、日経平均だけでなく、それぞれの業種の景気についても分析することは重要なことです。

日経225、採用銘柄一覧について

日経225の銘柄一覧に掲載される企業は、日本経済新聞社の採用基準を満足している会社だけです。

日本経済新聞社は、原則的に毎年10月の第一営業日に構成銘柄の見直しを行っています。

この銘柄の見直しでは、株式市場での売買高や業種間でのバランスを考慮して銘柄の入れ替えを行います。

採用基準としては、株式売買の流動性に重きを置いている面もあり、流動性が低い銘柄については、日経平均から外される傾向にあります。

その為、経営が悪化して株式上場取消の可能性が出てくる会社については、流動性が著しく低下する為、入替の対象になります。

こういった入替措置は、経済指標である日経平均の精度をより高める為にも必要不可欠なことなので、厳格な審査の基に行われています。

日経225の銘柄一覧に掲載されている会社は、厳格な採用審査のもと決められている会社ばかりなので、それぞれの業界内でのトップグループの会社がほとんどです。

その為、どの企業の財務状況も良好なものが多いのも特徴です。

株式投資を初めて行う初心者の方は、もし、銘柄選びに困ったら、この日経225に採用されている銘柄を選ぶことをおすすめします。

銘柄一覧に掲載されている企業の株価の推移や、財務状況については、インターネット上で掲載されているので簡単に見ることができます。

企業分析の経験が浅い、株式初心者の方にとっては、情報収集しやすい企業ばかりなので、分析もしやすいです。

日経平均の推移を見て、株価が上昇するか株価が下降するか見極めて、株式購入を決めることもおすすめします。

 
スポンサードリンク