マイクロソフトについて

マイクロソフトアカウントについて


マイクロソフトは米国のワシントン州に本社を置くソフトウェアの開発会社で1975年4月4日に設立されました。

パーソナルコンピュータ用のOSを手掛け、ワードやエクセル、その他オフィスソフトも開発して来ていてIEのようなインターネットのブラウザ、

Visual Studioのような統合開発環境も手掛けています。

サーバーソフトウェアやマウス、キーボード、ゲームパッドなどの入力機器の製品も製造・販売 して来ていることでも知られています。

マイクロソフトアカウントは多くのデバイスやサービスでアクセスするために利用できるようになります。

例えばスカイドライブやワンドライブ、ウィンドウズフォン、Xボックス・ライブへサインインして使用できるようになりますし、

どのデバイスからでも自分のファイルや写真、連絡先、設定も利用可能になります。
マイクロソフトアカウント→https://account.microsoft.com/account?lang=ja-JP

[kijinaka 112=””]

マイクロソフトアカウントとは?

マイクロソフトアカウントは以前はウィンドウズライブIDと呼ばれていました。

利点としてはホットメールなどのウェブサービスに自動的にログインでき、もしOS8にログオンしている場合にはアクセスする度にログイン手続きが求められるところをFree pass出来ます。

画像閲覧アプリのフォトでスカイドライブを押すとオンラインストレージのスカイドライブに保存した画像が即座に現れるようになります。

アカウントとはこのようにログインすると手続きが自動化されて色々なサービスが利用できる便利なシステムです。

従ってアウトルックドットコムやウィンドウズアプリの配布されているウィンドウズストアでこれを購入したりダウンロードすることが可能になります。

マイクロソフトサポートセンターについて

マイクロソフトにはサポートセンターがあって窓口が分かれ問い合わせを行うことが出来ます。

マウスやキーボード、WEBカメラの使用方法や設定、あるいはコンピュータへのこれらの接続方法が分からない場合や認識不良などの場合はテクニカルサポートに問い合わせることが出来ます。

ハードウェア製品の不良や破損、ディスク不良・破損、プロダクトキーの紛失、マニュアルの乱丁や落丁その他はアフターサービスの窓口に問い合わせることが出来ます。

保証期間は購入から90日や2年、3年、その他など保証書に記載されていますのでこれを参照することが必要です。

販売終了日から3年を経過した場合は保証が効かない場合もありますので注意する必要があります。
マイクロソフトサポートセンター→https://support.microsoft.com/ja-jp

マイクロソフトのホームページやダウンロードについて

マイクロソフトのホームページはこのキーワードで検索するとヒットして現れます。

サイトからはマルチメディアやゲームを高速に実行するためのDirectXの更新プログラムやウィルスやスパイウェア、その他の悪意のあるソフトウェアから家庭や小規模ビジネスのパソコンを保護するセキュリティプログラムをダウンロードすることが出来ます。

その他にオフィスの互換機能パックやパワーポイントビュワーやオフィスIME2010などのプログラムも同じく行えます。

またOSが7であると無料でウィンドウズ10にアップグレードすることが出来ます。

ブラウザやハードウェアのドライバ、ブラウザやOSの更新プログラムも同様にアップデートを行うことが出来ます。
日本マイクロソフト – Official Home Page→https://www.microsoft.com/ja-jp

[kijinaka 112=””]