スポンサードリンク

株主優待について

株主優待、アトムについて

株式会社アトムの株主優待は株数に応じてご優待ポイントというものが付与されます。

このポイントは株式会社アトムをはじめとしたグループの店舗で使うことができ、1ポイント1円で利用可能です。

100株以上の購入で株主優待が行われ、100株を購入すれば2000円分のポイントが付与され、500株以上で1万円分のポイントが、

1000株以上で2万円分のポイントがそれぞれ付与されることになります。

ポイントの有効期限は1年間となっており、他にもそのポイントで優待商品を購入することができます。

そのため、近くに店舗がなかったとしても、そのポイントを利用し、牛肉や日本酒などの商品を手に入れるということも可能になっています。

 
スポンサードリンク
 

株主優待の配当について

株主優待の配当を手に入れるためには、どれだけの株数を手に入れる必要があるのか知っておく必要があります。

例えば、2万円程度で手にすることができ、1000円分の優待券をゲットできるケースもあり、その際には配当もセットでもらえるため、利回りだけを考えれば、

銀行に預けるよりも相当なものを手にすることが可能です。

このため、株主優待でもらえるもの、株式そのものへ支払われるものをセットにして考えることが大事です。

近年はどちらかを廃止しているケースがあり、その分、もらえるものを増やしてもトータルでは利回りはそこまでよくないというケースが存在するため、

その部分をしっかりと考慮して投資を行うことが求められています。

株主優待。権利確定について

株主優待を手にするためには、権利の確定というものが必要になります。

権利確定日に株を保有していれば、配当や株主優待をもらうことができます。

株主として認めてもらうには3営業日が必要であり、月末がそのタイミングであれば、3営業日前に購入しておく必要があります。

株の保有歴というのは関係なく、極端なことを言えば、直前に購入し、株主として認めてもらってから売るということでも問題ありません。

しかし、多くの人が同じことを考えるため、この時期になるとできるだけ安く購入し、売ろうとする動きが出ます。

そのため、事前にリサーチし、少し前に購入を済ませておくと、売却益で儲かる可能性が高まるため、そうしたやり方がおすすめです。

株主優待一覧について

株主優待一覧などのリストがホームページなどに出ている場合があります。

例えば、ファミリーマートなどのコンビニ業界において、どれだけの優待があるのか、それがまとめられていると比較検討がしやすいため、非常に便利です。

一覧で見ると、コンビニ業界はファミリーマートを含めて株主優待に力を入れていないけど、ここはすごく力を入れているというのがわかります。

他にも業界ごとにまとめて見ていくと、おおむねどこも同じような特典になりがちです。

これは他社もそれぞれ別の会社の優待を気にしており、できるだけ損をしないような形にし、かつ優待を渋っているように思われないための戦略を練っており、

そうした動きを知ることができるようになります。

 
スポンサードリンク